SSブログ

ラブストーリーのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:ラブストーリー

ラブストーリーのカテゴリ記事一覧。懐かしの洋画を中心に、新旧様々な作品の情報などをお伝えしています。
d02e07e7b97379703b27488dbdbdb2bd.png★..

ラブストーリー
★オーバー・ザ・ムーン★ <字幕スーパー> <レターボックスサイズ>2011/9月/28(水)13:00~14:50 BSプレミアム(C..

記事を読む

最後の初恋.png ..

ラブストーリー
★最後の初恋★ 【2008年 アメリカ/オーストラリア ディ・ノヴィ・ピクチャーズ制作】<字幕スーパー> <レターボックスサイズ>201..

記事を読む

ラブストーリー
★シェルブールの雨傘★《ストーリー》ジャック・ドゥミ監督&カトリーヌ・ドヌーブ主演で、第17回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した1963年の悲恋映画です。フ..

記事を読む

B..

ラブストーリー
BSシネマ アカデミー受賞作品特集★黒いオルフェ★【1959年 フランス/イタリア ディスパ・フィルム/ ジェンマ・チネマトグラフィカ制作】【ストーリー】ギリシ..

記事を読む

ラブストーリー
 アカデミー受賞作品 ★ローマの休日★《ストーリー》アメリカ映画初出演となるオードリー・ヘプバーンと名優グレゴリー・ペック共演のロマンティック・コメディ。ヨーロ..

記事を読む

ラブストーリー
<Huluより> 《ストーリー》ニューヨークの警官チャーリーは、底抜けに善良な正義の味方だ。ある日ウエイトレスへやるチップの小銭がなく、宝くじを出して「もし当た..

記事を読む

ラブストーリー
《ストーリー》ある療養施設で、記憶をなくした初老の女性に定期的に会いに来て、若い男女のラブストーリーを話してきかせる老人がいた。その物語は、1940年、ある夏に..

記事を読む

ラブストーリー
  《ストーリー》1930~40年代にわたり甘美な演奏で全米を風靡したピアニスト兼バンドリーダー、エディ・デューティンを主人公とした音楽伝記映画。 両親の反対を..

記事を読む

english-patient.jpg原..

ラブストーリー
原題:ENGLISH PATIENT製作国:アメリカ製作年:1996年公開情報:劇場公開(松竹富士)初公開年月:1997/04/26上映時間:162分ジャンル:..

記事を読む

オーバー・ザ・ムーン/ダイアン・レイン

d02e07e7b97379703b27488dbdbdb2bd.png
★オーバー・ザ・ムーン★ 
<字幕スーパー> <レターボックスサイズ>
2011/9月/28(水)13:00~14:50 BSプレミアム(Ch.3)
【1999年 アメリカ パンチ21プロ制作】

【ストーリー】
ごく平凡な家庭生活を送る主婦が、ひと夏の恋に身をゆだねる中で、自分の人生を見つめ直していくさまをしみじみと描く。

パールは、人類が初の月面着陸に成功した1969年の夏、家族で毎年恒例のキャンプ場へとやってきた。生意気盛りの娘とかわいい息子、優しい夫に囲まれて幸せだが、どこか満たされない日々がつづく。

パールは、ある日、キャンプ場に服を売りにきた男性と出会い、すぐさま恋に落ちる。やがてそれは家族の知るところとなり…。何処にでもよくある話です。

【出演】ダイアン・レイン,リーブ・シュレイバー,ヴィゴ・モーテンセン,アンナ・パキン
【脚本】パメラ・グレイ
【監督】トニー・ゴールドウィン,
【製作】トニー・ゴールドウィン,ダスティン・ホフマン,ジェイ・コーエ
【音楽】メイソン・ダーリング


【送料無料】オーバー・ザ・ムーン/ダイアン・レイン[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】
オーバー・ザ・ムーン [DVD]










ちなみにヴィゴ・モーテンセンという男優、どこか惹かれますよね..............。



» 続きを読む

最後の初恋/リチャード・ギア,ダイアン

最後の初恋.png
★最後の初恋★ 
【2008年 アメリカ/オーストラリア ディ・ノヴィ・ピクチャーズ制作】
<字幕スーパー> <レターボックスサイズ>
2011/10/4/(火) 22:00~23:38 BSプレミアム(3ch.)

【ストーリー】
ニコラス・スパークスの人気小説を題材に映画化した。リチャード・ギアとダイアン・レインの2大スターの共演が話題となった大人のラブストーリー。夫の浮気や日々の雑事に疲れ果てた主婦エイドリアンは、独りでノースカロライナの海辺の町を訪れる。親友が経営するロッジの留守を預かることになったが、やって来た唯一の宿泊客ポールは何やら深く思い悩んでいた…。人生に迷う中年の男女の恋愛をドラマチックに描くすばらしいラブストーリー。


【出演】リチャード・ギア,ダイアン・レイン,スコット・グレン
【原作】ニコラス・スパークス
【脚本】アン・ピーコック,ジョン・ロマーノ
【監督】ジョージ・C・ウルフ
【音楽】ジーニン・テソーリ

シェルブールの雨傘/カトリーヌ・ドヌーブ



★シェルブールの雨傘★
《ストーリー》
ジャック・ドゥミ監督&カトリーヌ・ドヌーブ主演で、第17回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した1963年の悲恋映画です。フランス北西部の港町シェルブールでの物語。
自動車修理工の青年ギイと傘屋の娘ジュリビエーブは結婚を誓い合った恋人同士だったが、ギイに送られてきたアルジェリア戦争の徴兵令状が2人の人生を大きく翻弄する……。そして悲しい結末が……。BGMで涙が出ますね。全ての台詞にメロディがついているミュージカルの傑作です。カトリーヌ・ドヌーブが美しさの絶頂でしたし、ミシェル・ルグランのすばらしさにも感動しました。

《キャスト》
カトリーヌ・ドヌーブ、ニーノ・カステルヌオーボ、アンヌ・ベルノン、マルク・ミシェル
《スタッフ》
監督・脚本:ジャック・ドゥミ
製作:マグ・ボダール
撮影:ジャン・ラビエ
音楽:ミシェル・ルグラン
美術:ベルナール・エバン
《作品データ》
原題:Les Parapluies De Cherbourg
製作国:1964年フランス・ドイツ合作映画
配給:ハピネット





尚、オークションに関しては、私の記録としてのモノです。

黒いオルフェ/アントニオ・カルロス・ジョビン

BSシネマ アカデミー受賞作品特集
orfeu_negro_03.jpeg
★黒いオルフェ★
【1959年 フランス/イタリア ディスパ・フィルム/ ジェンマ・チネマトグラフィカ制作】
【ストーリー】
ギリシャ神話で名高いオルフェとユーリディスの愛の物語の舞台を、カーニバルで有名なリオ・デ・ジャネイロに移した異色作。カーニバルを明日にひかえた日、田舎からユーリディスが従妹のセラフィーナを訪ねてくる。彼女は謎の男に追われて逃げてきたのだ。そんな彼女が隣家に住む市電の運転手オルフェと知り合う。オルフェにはミラという婚約者がいたが、カーニバルの熱狂と喧騒の中で、いつしか二人は深く愛し合うようになる。だが、謎の男の不吉な影が……。カーニバルの強烈な色彩感覚と世界的に大ヒットした主題歌『オルフェの歌』や『しあわせ』を背景に、古典的な愛の物語をよみがえらせた大作。

【キャスト&スタッフ】
出演:ブレノ・メロ,マルペッサ・ドーン,ルルデス・デ・オリベイラ"
原作:ヴィニシウス・デ・モラエス
監督:マルセル・カミュ
撮影:ジャン・ブールゴワン
音楽:アントニオ・カルロス・ジョビン,ルイス・ボンファ"

【作品データ】
原題:ORFEU NEGRO
製作国:1959年フランス映画
上映時間:107分
情報提供元:ぴあ株式会社



..............................................................................................................
◆Huluで1ヶ月間無料であの名画を見ましょう

ローマの休日/オードリー・ヘプバーン

 アカデミー受賞作品
ローマの休日.jpeg 
★ローマの休日★

《ストーリー》
アメリカ映画初出演となるオードリー・ヘプバーンと名優グレゴリー・ペック共演のロマンティック・コメディ。ヨーロッパを周遊中の某小国の王女アンは、常に侍従がつきまとう生活に嫌気が差し、滞在中のローマで大使館を脱出。偶然出会ったアメリカ人新聞記者ジョーとたった1日のラブストーリーを繰り広げる。監督は巨匠ウィリアム・ワイラー。54年のアカデミー賞では主演女優賞、脚本賞、衣装デザイン賞を受賞した。オードリーの美しさが印象に残ります。

《キャスト》
出演:オードリー・ヘプバーン、グレゴリー・ペック、エディ・アルバート

《スタッフ》
製作・監督:ウィリアム・ワイラー
原作・脚本:ダルトン・トランボ
脚本:イアン・マクラレン・ハンター、ジョン・ダイトン
撮影:フランツ・プラナー、アンリ・アルカン
音楽:ジョルジュ・オーリック

《作品データ》
原題:Roman Holiday
製作国:1953年アメリカ映画
上映時間:118分
映倫区分:G

あなたに降る夢

あなたに降る夢.jpeg
 
《ストーリー》
ニューヨークの警官チャーリーは、底抜けに善良な正義の味方だ。ある日ウエイトレスへやるチップの小銭がなく、宝くじを出して「もし当たったら半額やる」と約束した。

ところが、その宝くじがなんと400万ドルの大当たり! チャーリーは約束を守ろうとするのだが、そのチャーリーの善意は野心家の妻によって阻まれる。思わぬ「幸運」に戸惑うウエイトレス、そして…...。

粋な“奇跡”を描いたハートフルコメディです。この作品はニューヨークで実際にあった話をもとに描かれ、ニューヨーク中のスポットでの撮影は、正真正銘の「ニューヨーク映画」。摩天楼から下町、そしてヤンキースタジアムなど、数々の名所を背景に流れる多くのスタンダードナンバーが聴きものですね。まさに「It Could Happen to You」です。

《キャスト》
キャスト:
ニコラス・ケイジ、ブリジット・フォンダ、ロージー・ペレス、ウェンデル・ピアース、アイザック・ヘイズ、ビクター・ロジャース、シーモア・カッセル
《スタッフ》
製作:マイク・ロベル
監督:アンドリュー・バーグマン
脚本:ジェーン・アンダーソン
撮影:キャレブ・デシャネル
音楽:カーター・バーウェル
《作品データ》
原題:It Could Happen to You
製作国:1994年アメリカ映画
上映時間:101分

 

★Huluだったらこの作品 1480円で観れますね!★

きみに読む物語/レイチェル・マクアダムス

きみに読む物語.jpeg

《ストーリー》
ある療養施設で、記憶をなくした初老の女性に定期的に会いに来て、若い男女のラブストーリーを話してきかせる老人がいた。その物語は、1940年、ある夏に出会い恋に落ちたアリーとノアの物語。しかし身分の違いがふたりを引き裂き、アリーとノアは別々の人生を歩むことになるが…...この映画のメインストーリーとなるアリーとノアの恋愛は、ひと夏の恋、身分違いによる別れ、そして再会…と、これまでも多くあったラブストーリーの流れを組む物語だが、ライアン・ゴスリングとレイチェル・マクアダムスが、弾けるようなフレッシュな魅力を存分に披露し、アリーとノアのキャラクターを際立たせている。

「メッセージ・イン・ア・ボトル」などで知られるニコラス・スパークスのベストセラーを、「シーズ・ソー・ラヴリー」のニック・カサベテス監督が実母ジーナ・ローランズ出演で映画化、全米でロングラン・ヒットを記録。 

《キャスト》
出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー、ジョアン・アレン、ジェームズ・マースデン、サム・シェパード
《スタッフ》
監督:ニック・カサベテス
製作:マーク・ジョンソン、リン・ハリス
製作総指揮:トビー・エメリッヒ、アブラム・ブッチ・カプラン
原作:ニコラス・スパークス
脚本:ジェレミー・レべン、ジャン・サルディ
撮影:ロバート・フラッセ
音楽:アーロン・ジグマン
《作品データ》
原題:The Notebook
製作国:2004年アメリカ映画
配給:ギャガ・ヒューマックス
上映時間:123分
 

 

 

.................................................................................................
■子供の野菜嫌い何とかしなくては・・・・・。 

愛情物語/タイロン・パワー

 
 
《ストーリー》
1930~40年代にわたり甘美な演奏で全米を風靡したピアニスト兼バンドリーダー、エディ・デューティンを主人公とした音楽伝記映画。
 
両親の反対を押し切ってピアニストになろうとニューヨークへ出たエディは、良家の令嬢マージョリーのバックアップのおかげで幸運なデビューを飾る。やがて二人は結婚、人気も上り、幸福を迎えるが、息子ピーターが生まれるとマージョリーは急死。

一転して不幸のどん底につき落とされたエディの生活は荒れ、仕事も手につかず、悲しみを忘れるために海軍に入る。復員した時ピーターは10歳、美しいチキタに育てられていた。エディはチキタと結婚して幸福をとり戻したのだが……。

主題曲『トゥ・ラヴ・アゲイン』をはじめ、デキシーやチャールストン全盛期の名曲を挿入した名編。T・パワーの代表作の一つ。なおピアノの陰の演奏はカーメン・キャバレロ。(情報提供元:ぴあ株式会)

《キャスト》
出演:タイロン・パワー、キム・ノバク、ビクトリア・ショウ、ジェームズ・ウィットモア
《スタッフ》
製作:ジェリー・ウォルド
監督:ジョージ・シドニー
原作:レオ・カッチャー
脚本:サミュエル・テイラー
撮影:ハリー・ストラドリング
音楽:モリス・ストロフ
《作品データ》
原題:THE EDDY DUCHIN STORY
製作国:1955年アメリカ映画
上映時間:117分
................................................................
髪にダメージはシャンプーが原因?
ヘアケアはプロのテクニックで
 

イングリッシュ・ペイシェント/レイフ・ファインズ

english-patient.jpg原題:ENGLISH PATIENT
製作国:アメリカ
製作年:1996年
公開情報:劇場公開(松竹富士)
初公開年月:1997/04/26
上映時間:162分
ジャンル:ロマンス
おすすめ度:★★★★☆


《解説・コメント》
第69回アカデミー賞で作品賞をはじめ9部門を制覇したロマンス大作。英国のブッカー賞を受賞したM・オンダーチェの原作「英国人の患者」をもとに、運命にほんろうされる男女の激しい恋の行方を描く。

この作品には、これがホントにアカデミー賞?なんて酷評も聞こえて来ますが........。
ただ私としては、賛否両論OK!酷評OK!

映画なんてそんなものですよね。大切なのは見る側の経験とか、受け取り方だと感じます。そんな私には、この作品こそ男と女の感動的なロマンスがあり、美しい映画だと賞賛したいですね。

まず、驚かされるのは、オープニングに出てくる漠然とした壁画。「いったいなんなんだ……….。」

そしてそれが何を表わしているのか。

何も分からないからこそ私はこの不可思議な環境に、何か心地よい世界を感じます。このオープニングこそ、この作品の素晴らしさを予兆しているようです。ほんとこの出だしは素晴らしいです。

そして、アフリカの広大な砂漠を飛びつづける飛行機が実に印象的でしたが、そんな環境下にある許されない男と女のロマンスも素晴らしい!

メロドラマなんてこのような戦時下という非日常的で、特殊な環境にはうまれやすいものです。そんな彼らをバックに浪漫溢れる美しい映像と、ある種の快感にも似た甘く、けだるい調べの溶け込みが美味く作品とマッチしています。

何度見ても泣けてくるのはわたしだけでしょうかね?

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

» 続きを読む

Copyright © 嗚呼!懐かしのゴールデン映画劇場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます