SSブログ

アドベンチャーのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:アドベンチャー

アドベンチャーのカテゴリ記事一覧。懐かしの洋画を中心に、新旧様々な作品の情報などをお伝えしています。

アドベンチャー
黒沢監督初洋画に挑戦!ロシアの地質調査隊隊長とガイドを務めた地元老狩猟師の友情を圧倒的な映像と、鮮烈な色彩で贈る魂の叙事詩。★デルス・ウザーラ★【1975年 ソ..

記事を読む

タイムライン.png ..

アドベンチャー
★タイムライン★【2003年 アメリカ ドナーズ・カンパニー/ アーティスツ・プロダクション・グループ制作】<字幕スーパー> <レターボックス..

記事を読む

c27588937c0d39a3d7a701bd88a91d0a.jpeg ..

アドベンチャー
★インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説★【1984年 アメリカ ルーカス・フィルム・LDT・プロ制作】 <字幕スーパー>2011年12月17日(土) ..

記事を読む

アドベンチャー
アカデミー受賞作品 ★ポセイドンアドベンチャー★《ストーリー》大みそかの夜、1400人の客を乗せてニューヨークからギリシャへ向かう豪華客船ポセイドン号が、海底地..

記事を読む

アドベンチャー
 《ストーリー》1927年大西洋無着陸横断飛行に成功したリンドバーグの偉業を、彼の友人でもあったビリー・ワイルダーが映画化。エピソードは自伝に忠実に描かれたため..

記事を読む

激流.jpeg《..

アドベンチャー
《ストーリー》家族に襲いかかる恐怖とサバイバルを描いたアクション・アドベンチャー。夫との離婚を考えていたゲイルは、息子ロークの誕生日に故郷でのリバー・ツーリング..

記事を読む

スノーホワイト.jpegス..

アドベンチャー
スノーホワイト(2012)SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/★★☆☆《解説&ストーリー》有名なグリム童話“白雪姫”を、戦うヒロインの物語と..

記事を読む

アドベンチャー
タイタンの逆襲(2012)WRATH OF THE TITANS 《解説・ストーリー》レイ・ハリーハウゼンが手がけた往年の特撮映画を最新のCG映像でリメイクした..

記事を読む

タイタンの戦い(1981).jpeg ..

アドベンチャー
 タイタンの戦い(1981)CLASH OF THE TITANS 《解説・感想》「シンドバッド」シリーズの製作者チャールズ・H・シニア=特撮レイ・ハリーハウゼ..

記事を読む

プリンス・オブ・ペルシャ.jpeg ..

アドベンチャー
  プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 原題:PRINCE OF PERSIA: THE SANDS OF TIME製作国:アメリカ製作年:2010年おすすめ度..

記事を読む

ロビン・フッド.jpeg ..

アドベンチャー
 ロビン・フッド 原題:ROBIN HOOD製作国:アメリカ/イギリス製作年:2010年公開情報:劇場公開(東宝東和)初公開年月:2010/12/10上映時間:..

記事を読む

ヒューゴ.jpg ..

アドベンチャー
 ヒューゴの不思議な発明 原題:HUGO製作国:アメリカ製作年:2011年公開情報:劇場公開(パラマウント)初公開年月:2012/03/01上映時間:126分ジ..

記事を読む

10000.jpg ..

アドベンチャー
 紀元前1万年 原題:10,000 B.C.製作国:米/ニュージーランド製作年2008年公開情報:劇場公開(ワーナー)初公開年月:2008/04/26上映時間:..

記事を読む

アメリア.jpeg ..

アドベンチャー
原題:AMELIA製作国 アメリカ/カナダ製作年:2009年公開情報:劇場公開(ショウゲート)初公開年月:2010/11/27上映時間:112分ジャンル:ドラ..

記事を読む

subway.jpg原..

アドベンチャー
原題:SUBWAY製作国:フランス製作年1984年公開情報:劇場公開(シネセゾン)初公開年月:1986/12/20上映時間:104分ジャンル:ドラマ/アクション..

記事を読む

デルス・ウザーラ/【監督】黒澤明

黒沢監督初洋画に挑戦!ロシアの地質調査隊隊長とガイドを務めた地元老狩猟師の友情を圧倒的な映像と、鮮烈な色彩で贈る魂の叙事詩。

デルス・ウザーラ [DVD]
黒澤明 : THE MASTERWORKS 1 DVD BOXSET

黒沢監督初洋画配給!ロシアの地質調査隊隊長とガイドを務めた地元老狩猟師の友情を圧倒的な映像と、鮮烈な色彩で贈る魂の叙事詩。【中古】■VHS■デルス・ウザーラ■




★デルス・ウザーラ★
【1975年 ソ連 モスフィルム制作】
2011/9/27(火)22;00~24;25 BSプレミアム(Ch.3)

【ストーリー】
20世紀はじめ、シベリアの奥地を探査していたソ連の軍人アルセーニエフは、厳しい自然の中、たった一人で生活している猟師デルス・ウザーラと出会い、その土地の自然や生き物に深い知識を持ちながらも、素朴で欲のないデルスの人柄に惹かれ、感銘を受ける。そしてアルセーニエフは、彼と親交を深めていくのだが…。黒澤明監督が長年温めていた企画を、当時のソビエト連邦の全面的な協力で映画化が可能となり、アカデミー外国語映画賞を受賞した感動作。

【出演】ユーリー・ソローミン,マクシム・ムンズーク,スベトラーナ・ダニエルチェンコ
【原作】ウラジミール・アルセーニエフ
【脚本】黒澤明,ユーリー・ナギービン
【監督】黒澤明
【音楽】イサク・シュワルツ

タイムライン/ポール・ウォーカー

タイムライン.png

★タイムライン★
【2003年 アメリカ ドナーズ・カンパニー/ アーティスツ・プロダクション・グループ制作】
<字幕スーパー> <レターボックスサイズ>
2011年12月1日(木) 13時00分~14時58分 BSプレミアム 3ch.

【ストーリー】
『ジュラシック・パーク』など映画化作品も話題を集める、ベストセラー作家マイケル・クライトン原作によるSFアクション。極秘裏に開発された物体転送装置で、600年前のフランスに転送された考古学教授が行方不明に。恩師を救出するため、若き考古学者たちは百年戦争の真っただ中のフランスへ。タイムリミットは、わずか6時間。しかし、行った先は英仏百年戦争のさなかで、その間に転送装置も故障してしまう…。 クライトン原作のすごさは、思わず納得してしまう転送装置(=タイムマシン)のシステムだ。物体を分子レベルに分解し、ファクスのように別の場所へ送信。その間に、時空のエアポケットに入るという理論が、ドラマのなかでわかりやすく描かれる。そこに、14世紀と現代の意外なつながりや、時を超えたロマンスという、タイムトラベルならではのおもしろさを程良く味つけ。後半は、中世ヨーロッパの戦術を駆使した大戦闘シーンに主眼が置かれ、主人公たちが現代へ戻れるかどうかのスリルが薄れるが、全体としては見どころ満載のSF娯楽作として仕上がっている。

【出演】ポール・ウォーカー,フランシス・オコナー,ジェラルド・バトラー,ビリー・コノリー
【原作】マイケル・クライトン
【脚本】ジェフ・マグワイア,ジョージ・ノルフィ
【監督】リチャード・ドナー
【音楽】ブライアン・タイラー
................................................................................................................................................................................... 育毛・発毛にお困りのかたへ・・・

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説/ハリソン・フォード

c27588937c0d39a3d7a701bd88a91d0a.jpeg

★インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説★
【1984年 アメリカ ルーカス・フィルム・LDT・プロ制作】
 <字幕スーパー>
2011年12月17日(土) 21時00分~23時00分  BSシネマ

【ストーリー】
監督スティーヴン・スピルバーグ、製作ジョージ・ルーカス
主演ハリソン・フォードのアドベンチャー・ムービー「レイダース/失われたアーク」に続くシリーズ第2弾。
今回は聖なる石“サンカラ・ストーン”をめぐって、恐るべき邪教集団と対決する。 1935年の上海。暗黒街の組織の策略にはめられたインディは飛行機から脱出、インドの山奥に降り立つ。 そこで、村の長老に頼まれ、村から奪われた聖なる石と子供たちを取り戻すため、邪悪の源とされる宮殿へと向かう・・・・・。
冒頭のナイト・クラブでの抗争に始まり、危機一髪の飛行機脱出、ゴムボートでのヒマラヤ大滑降、急流下り、そして最後の坑道のトロッコ・チェイスまで、息も吐かせぬアクション・シーンのテンポと巧妙さも抜群で、 シリーズ中最高傑作と感じます。
しかし、今から25年も前の作品ですが、さすがに完成度は高いですねぇ~!今観ても、充分楽しめます!

【出演】ハリソン・フォード,ケイト・キャプショー,キー・ホイ・クァン
【原案】ジョージ・ルーカス
【脚本】ウィラード・ハイク,グロリア・カッツ
【監督】スティーブン・スピルバーグ
【製作総指揮】フランク・マーシャル,ジョージ・ルーカス
【音楽】ジョン・ウィリアムズ
.................................................................................................................................................................. 男の悩みは、頭皮にあるように思います。お悩みの方は・・・・・

ポセイドンアドベンチャー/ジーン・ハックマン

アカデミー受賞作品
ポセイドン.jpeg 
★ポセイドンアドベンチャー★

《ストーリー》
大みそかの夜、1400人の客を乗せてニューヨークからギリシャへ向かう豪華客船ポセイドン号が、海底地震による大津波により転覆。一瞬のうちに数百人の生命が失われる大惨事となった。船内に閉じ込められた乗客たちは勇気を奮い起こし、幾多の危機にあいながらも出口を求めて進んで行く。上下逆さのセット・アイデアも抜群。

ハリウッド映画の伝統“スペクタクル劇”の魅力を全編に盛り込んだパニック映画の傑作。この作品以降、数々のパニック映画が製作される原点となった。アカデミー歌曲賞、特別業績賞(視覚効果)受賞。

《キャスト》
出演:ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、シェリー・ウィンタース

《スタッフ》
製作:アーウィン・アレン
監督:ロナルド・ニーム
原作:ポール・ギャリコ
脚本:スターリング・シリファント
撮影:ハロルド・スタイン
音楽:ジョン・ウィリアムズ

《作品データ》
原題:THE POSEIDON ADVENTURE
製作国:1972年アメリカ映画
上映時間:117分
 

.............................................................................

 

 

翼よ!あれが巴里の灯だ/ジェームズ・スチュワート

 imgres-1.jpeg

《ストーリー》
1927年大西洋無着陸横断飛行に成功したリンドバーグの偉業を、彼の友人でもあったビリー・ワイルダーが映画化。エピソードは自伝に忠実に描かれたため制約が多く、なかでも単独飛行であるがゆえに、当然飛行中のシーンはリンドバーグ独り。それを回想シーンとハエという同乗者をさりげなく盛り込むことで、ワイルダーらしい伝記物に仕上がった。空の英雄を演じたのは、後にアカデミー名誉賞を受賞したジェームズ・スチュアート。

《キャスト》
出演:パトリシア・スミス、マーク・コネリー、マーレイ・ハミルトン、ジェームズ・スチュワート
《スタッフ》
監督:ビリー・ワイルダー
製作:リーランド・ヘイワード
原作:チャールズ・A・リンドバーグ
撮影:ロバート・バークス、J・ペバレル・マーレイ
音楽:フランツ・ワックスマン
美術:アート・ロエル
《作品データ》
原題:The Spirit of St.Louis
製作国:1957年アメリカ映画
上映時間:135分

 

激流/メリル・ストリープ

激流.jpeg

《ストーリー》
家族に襲いかかる恐怖とサバイバルを描いたアクション・アドベンチャー。夫との離婚を考えていたゲイルは、息子ロークの誕生日に故郷でのリバー・ツーリングを計画。

夫のトムも加わり、ゲイルのガイドで川下りが始まる。一方、彼らと同行した青年ウェイドがやがて本性を現していく。ウェイドは強盗と殺人を犯した逃亡犯だったのだ。

人質となった彼らの前には生存率10万分の1の激流下りが待っていた。M ・ストリープが初の本格的アクションに挑戦している。犯人役のK・ベーコンにも注目。

《キャスト》
出演:メリル・ストリープ、ケビン・ベーコン、デビッド・ストラザーン、ジョン・C・ライリー、ベンジャミン・ブラット、ジョセフ・マッゼロ、ウィリアム・ラッキング
《スタッフ》
監督: カーティス・ハンソン
製作: デビッド・フォスター、ローレンス・ターマン
《作品データ》
原題: The River Wild
製作国:1994年アメリカ映画
上映時間:112分
ジェネオンエンタ激流 【DVD】 [GNBF2745]

スノーホワイト/シャーリーズ・セロン

スノーホワイト.jpeg
スノーホワイト(2012)
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/★★☆☆

《解説&ストーリー》
有名なグリム童話“白雪姫”を、戦うヒロインの物語として大胆にアレンジして甦らせたアクション・アドベンチャー作品。
幼い頃に母を亡くしたプリンセス“スノーホワイト”は、継母となった魔女ラヴェンナによって実父マグナス王を殺され、自身も城の塔で幽閉生活を強いられる。それから7年。

世界一の美貌が自慢のラヴェンナは、魔法の鏡により、成長したスノーホワイトが自分の美を脅かす存在であることを知る。

そこで、永遠の美と若さを得るため、スノーホワイトを殺害してその心臓を手に入れようと画策する。しかしスノーホワイトは間一髪のところで城から脱出し、黒い森へと逃げ込んだ。するとラヴェンナは、刺客として森に詳しいハンターのエリックを送り込む。

だが、スノーホワイトと出会ったエリックは自分が騙されていたことに気づき、彼女の逃亡に協力していく。こうして森の中で少しずつたくましさを身につけ、懸命にラヴェンナの追跡をかわしていくスノーホワイトだったが…。<allcinema>

これといった見どころはありませんが、子供の頃に聞いていた“白雪姫”とは全く違った表現で演出されていて面白かったのと、7人の小人が出てきたときは流石に微笑みましたね。このあたりがファンタジーです。

全体的にはまとまりが有り、1部を除けばまあまあといった作品でした。127分はちょっと長かったような気がします。この手の作品は、昔よくあった復活劇ファンタジーものですね。シャーリーズ・セロンは相変わらず美しいです。
 
《キャスト》
出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス
《スタッフ》
監督:ルパート・サンダーズ
製作:ジョー・ロス、サム・マーサー
製作総指揮:パラク・パテル、グロリア・ボーダーズ
原案:エヴァン・ドーハティ
脚本:エヴァン・ドーハティ、ジョン・リー・ハンコック、ホセイン・アミニ
プロダクションデザイン:ドミニク・ワトキンス
衣装デザイン:コリーン・アトウッド
編集:コンラッド・バフ、ニール・スミス
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
《作品データ》
原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN
製作国:アメリカ
製作年:2012年
公開情報:劇場公開(東宝東和)
初公開年月:2012/06/15
上映時間:127分
ジャンル:アクション/アドベンチャー/ファンタジー
映倫:G
........................................................................
■この映画の話ではありませんが、エイジングケアしておられます?
肌の老化を食い止める
肌の水分を取り戻す 
 
 

タイタンの逆襲/サム・ワーシントン


タイタンの逆襲(2012)
WRATH OF THE TITANS
 
《解説・ストーリー》
レイ・ハリーハウゼンが手がけた往年の特撮映画を最新のCG映像でリメイクしたスペクタクル・アクション・アドベンチャー「タイタンの戦い」の続編。前作から10年後の世界を舞台に、再び神々の戦いに巻き込まれた勇者ペルセウスの活躍をスケールアップしたアクションとともに描く。
 
神々の王ゼウスと人間とのあいだに生まれた勇者ペルセウスは、愛する一人息子と穏やかな毎日を送っていた。一方天上界では、神々の力が弱まり、巨神タイタン族の封じ込めにほころびが生じ始めていた。もしタイタンの王クロノスが復活すれば、人類はおろか世界が終焉を迎えてしまう。
 
そんな中、ゼウスから協力を求められるも、息子との生活を大事にしたいペルセウスはこれを拒絶する。しかし、冥界の王ハデスの陰謀によってゼウスは捕らえられ、ついにクロノスが覚醒してしまうのだった。<allcinema>
 
《キャスト》
出演:サム・ワーシントン,リーアム・ニーソン,レイフ・ファインズ,ダニー・ヒューストン,エドガー・ラミレス,ロザムンド・パイク,ビル・ナイ,トビー・ケベル
ジョン・ベル,リリー・ジェームズ
《スタッフ》
監督:ジョナサン・リーベスマン
製作:ベイジル・イヴァニク
キャラクター創造:ビヴァリー・クロス
原案:グレッグ・バーランティ
脚本:ダン・マゾー
撮影:ベン・デイヴィス
音楽:ハビエル・ナバレテ
《作品データ》
原題:WRATH OF THE TITANS
製作国:アメリカ
製作年:2012年
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2012/04/21
上映時間:99分
ジャンル:アクション/アドベンチャー
映倫:G
 

[Blu-ray] タイタンの逆襲 ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定)

 

 

 

タイタンの戦い(1981)/ハリー・ハムリン

タイタンの戦い(1981).jpeg 
タイタンの戦い(1981)
CLASH OF THE TITANS
 
《解説・感想》
「シンドバッド」シリーズの製作者チャールズ・H・シニア=特撮レイ・ハリーハウゼンのコンビが、オールスター・キャストでギリシャ神話を描いたファンタジー大作。
 
ハリーハウゼンという人はすごいと思います。
 
いわばこの手の映画の元祖のような人です。
 
お若い人はご存じないかもしれませんが我々の年代の方は、この人の特撮で育ったような気がします。
 
今の技術がないときに、「ストップ・モーション・ピクチャー」なるモノを考えたすばらしい人です。
 
あのスピルバーグも尊敬の念を持っていたようです。
 
ちょっと彼の動画をご紹介しておきます。面白いですよ! 
 
 

» 続きを読む

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

プリンス・オブ・ペルシャ.jpeg
 
 プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 
原題:PRINCE OF PERSIA: THE SANDS OF TIME
製作国:アメリカ
製作年:2010年
おすすめ度:★★★☆ 

 
 
 
《解説・ストーリー》
ジェリー・ブラッカイマー製作で放つ古代ペルシャ舞台のアクション・アドベンチャーです。父王殺しの濡れ衣を着せられた王子が、その真相を解く鍵となる“時間の砂”を求め繰り広げる未知なる冒険を、壮大なスケールで描くファンタジック・ストーリー。
 
ストーリーは違えど、これはPS3のゲームにもあったような記憶がありす。そのキャラクターのアクションも、今回の映画にかなり反映されているような気がします。結構面白いゲームだったような気がします。
 
最後のラストシーンは見ごたえありました。その迫力に圧倒され、吸い込まれそうになります。またベン・キングズレーさんには申し訳ないのですが、その悪役ぶりも板にはまっていて、彼が登場してきたときには、その悪役のにおいが漂います。また、主人公のジェイク・ギレンホールも好演していました。

さて物語といえば...........。
史上空前の繁栄を極める古代ペルシャ。親のないスラムの少年ダスタンは、友人を救うための勇気ある行動が王の目に止まり、養子として王宮へ迎え入れられる。
 
それから15年、第3王子として“ペルシャのライオン”と異名をとるほどの勇者に成長したダスタン。彼は兄や叔父ニザムと共に聖なる都アラムートを征服、ある1本の短剣を戦利品として手に入れるが.......。
 
  ↓ ↓ ↓ 

» AND MORE

ロビン・フッド/ラッセル・クロウ

ロビン・フッド.jpeg ロビン・フッド 
原題:ROBIN HOOD
製作国:アメリカ/イギリス
製作年:2010年
公開情報:劇場公開(東宝東和)
初公開年月:2010/12/10
上映時間:140分
ジャンル:アクション/アドベンチャー
映倫:G

おすすめ度:★★★☆☆ 
 
《解説・ストーリー》
「グラディエーター」のリドリー・スコット監督が、再びラッセル・クロウを主演に迎え、伝説の義賊“ロビン・フッド”の物語を映画化したスペクタクル・アクション・アドベンチャー。

ロビン・フッドが民衆のヒーローへと成長していく過程に焦点を当て、その等身大の人物像を史実とフィクションを巧みに織り交ぜたストーリーと迫力のアクションで描き出していく。
 
共演はケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マックス・フォン・シドー。

☆ひとこと
ロビンフッドについては、いろいろなかたちで映像化されています。私の場合はテレビ番組で楽しみました。
 
今回のこの作品は、ヒーローでありながら地味な感じで、「弓の達人」と言われたロビンの姿はあまりなかったことがちょっと残念でした。
 
史実にもとずくのもいいですが、もうちょっと気をてらったかたちで観たかった。私は、ケビン・コスナーのロビンの方が好きですね。ごめんなさい! 
 

» AND MORE?

ヒューゴの不思議な発明/マーティン・スコセッシ

ヒューゴ.jpg
 ヒューゴの不思議な発明 
原題:HUGO
製作国:アメリカ
製作年:2011年
公開情報:劇場公開(パラマウント)
初公開年月:2012/03/01
上映時間:126分
ジャンル:アドベンチャー/ファンタジー
映倫:G
おすすめ度:★★★☆☆

《解説・ストーリー》
ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「グッドフェローズ」「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャー。

1930年代のフランス、パリを舞台に、駅の時計台に隠れ住む少年が父の遺した機械人形の謎を追って不思議な大冒険を繰り広げるさまを、ジョルジュ・メリエスはじめ映画創成期へのオマージュをふんだんに、美しく幻想的な3D映像で描き出していく。

主演は「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド、共演にクロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、ベン・キングズレー

どんな発明なのかと期待に胸ふくらませてみたのですが、ちょっと思っていたものと違っていたのでちょっとガッカリしましたね。
 
確かにメリエスという人は凄かったのかもしれませんが、単にスコセッシが映画の元祖といわれる作品に執着していたストーリーというだけです。

確かにファンタジーなムードが漂い、心地よい時間は過ごせたもののもうひとつ感動にはほど遠かったように私には感じます。
 
映画の感想は人それぞれといいますが、本当のような気がします。

ただ、キングスレーの何とも素晴らしい演技と表情にはちょっと感動しました。

「ヒューゴの不思議な発明」のBDはこちらからお探しください。

応援宜しくお願いします 
 ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


» AND MORE?

紀元前1万年/スティーヴン・ストレイト,カミーラ・ベル

10000.jpg 紀元前1万年 
原題:10,000 B.C.
製作国:米/ニュージーランド
製作年2008年
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2008/04/26
上映時間:109分
ジャンル:アドベンチャー
 
おすすめ度:★★★★ 

《解説・感想》
「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督が、先史時代の世界を舞台に、囚われの身となった愛する女性を救うべく壮大な冒険を繰り広げる若者の姿を描いたスペクタクル・アドベンチャー。
 
出演は「スカイ・ハイ」のスティーヴン・ストレイト、「ストレンジャー・コール」のカミーラ・ベル。

誰も見たことのない世界は、「過去」にあった。というキャッチフレーズですが、ストーリーはとてもシンプルです。
 
運命の赤い糸で結ばれた男女が、幾多の冒険を経て最後には、その苦難に打ち勝て結ばれるって感じです。
 
私が感心したのは、ストーリーよりそこに映し出されるCGの美しさというかリアルさですね。

巨大なトラやマンモスの大群はさすがに見とれました。
 
また、終盤あたりから出てくるピラミッド建設のシーンなどは感動さえ覚えました。
 
ちなみに劇中に捕獲されそうになったトラ。実は、主人公に助けられるのですが、出番が少なかったのはちょっと残念でした。 
 
この手の作品が好きな人は必見でしょう。是非、ご覧になってください。

「紀元前1万年」今ならHuluで無料にてご覧になれます!但し、期間限定!
 
応援宜しくお願いします 
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  
 

» AND MORE?

アメリア 永遠の翼/ヒラリー・スワンク

アメリア.jpeg 原題:AMELIA
製作国 アメリカ/カナダ
製作年:2009年
公開情報:劇場公開(ショウゲート)
初公開年月:2010/11/27
上映時間:112分
ジャンル:ドラマ/アドベンチャー/伝記
映倫:G
おすすめ度:★★★☆☆

《解説・コメント》
「ボーイズ・ドント・クライ」「ミリオンダラー・ベイビー」のオスカー女優ヒラリー・スワンク主演で贈る感動の伝記ドラマ。

1920年代に女性として世界で初めて大西洋を横断した実在の飛行士、アメリア・イヤハートの冒険飛行への飽くなき情熱と、彼女の挑戦を深い愛情で支え続けた夫と辿る波らんの生涯を描く。共演に「HACHI 約束の犬」のリチャード・ギア。監督は「モンスーン・ウェディング」のミーラー・ナーイル。
 
ヒラリー・スワンクさんとアメリアさんどこか似てます。しかしアメリアさんは当時としては、女性の立場を変え得る人だったんでしょう。これほどまでの大偉業を成し遂げたのですから。その力強さと頑固さをヒラリーさんが、好演しています。
 
物語的には、ごく当たり前です。そして派手さも感じません。しかしアメリアさんの人生の足跡を写して、彼女が大空に、世界に大きな夢を持っていたかということです。この物語のことを知らない人は、きっと最後は、お涙ちょうだい的な映画になるでしょう。大空がとても綺麗でした。
 
ロッキード5Bベガ.jpeg アメリア・イヤハート02.jpeg
「ロッキード5Bベガ」                          アメリア・イヤハートさん
 
ワシントンのスミソニアン博物館に彼女の愛機「ロッキード5Bベガ」が、今も展示されてます。ちなみに私も彼女のことは、30前から知っていました。素晴らしい人だと思います。 飛行機が気になって、25年前にスミソニアンへ行きました。
 
 
応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

» 続きを読む

サブウェイ/イザベル・アジャーニ

subway.jpg原題:SUBWAY
製作国:フランス
製作年1984年
公開情報:劇場公開(シネセゾン)
初公開年月:1986/12/20
上映時間:104分
ジャンル:ドラマ/アクション/コメディ
おすすめ度:★★★★☆

今日ののおすすめ作品がBSで放映されます。
お見逃しなく!
 ↓
プレミアムシネマ「サブウェイ-デジタル・レストア・バージョン-」
2014年2月14日(金)  13時00分~14時45分 NHKBSプレミアム


《解説・コメント》
リュック・ベッソン監督が26歳で撮った意欲的な長編第2作。近未来を舞台に、パリ地下水道をエキセントリックに描き出したSFアドヴェンチャー。主演はクリストファー・ランベールとイザベル・アジャーニ。

この主演2人の無機質な表情と作品世界が実にマッチしているリュック・ベッソン監督作品です。

私としては、この作品はベッソンさんの感性が良い方に出た作品だと感じます。
ただ感性だけでストーリーらしいストーリーは皆無ですが、彼のセンスは光ってました

封切り当時はイザベル・アジャーニの美しさを見たくて映画館に通ったのを思い出します。
クリストファー・ランバートさんには見向きもしなかったことも伝えておきます。

セザール賞で主演男優賞、美術賞、録音賞を受賞。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

» 続きを読む

Copyright © 嗚呼!懐かしのゴールデン映画劇場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます