SSブログ

歴史ドラマのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:歴史ドラマ

歴史ドラマのカテゴリ記事一覧。懐かしの洋画を中心に、新旧様々な作品の情報などをお伝えしています。

歴史ドラマ
フランス革命の大立者ダントンとロベスピエールの対立を描く!★ダントン★ <字幕スーパー> <レターボックスサイズ>2011年11月9日(..

記事を読む

001.jpg ..

歴史ドラマ
★エリザベス/ゴールデン・エイジ★【2007年 イギリス ワーキング・タイトル・プロ制作】 <字幕スーパー><レターボックスサイズ>20..

記事を読む

歴史ドラマ
  BSシネマ アカデミー受賞作品特集  《ストーリー》1962年に初公開され、第35回アカデミー賞7部門を制覇した名作が、デビッド・リーン生誕100周年、コロ..

記事を読む

歴史ドラマ
アカデミー撮影賞など4部門を受賞 ★クレオパトラ★ 《ストーリー》絶世の美女として歴史に名を残したクレオパトラの波乱の生涯を、巨額の製作費を投じて空前のスケール..

記事を読む

歴史ドラマ
《ストーリー》92年~96年まで、小学館“ビッグコミック”に連載していた同名人気漫画を日中韓+香港の合同プロジェクトで映画化。2000年以上も前の中国に存在した..

記事を読む

300 <スリーハンドレッド>.jpeg《..

歴史ドラマ
《ストーリー》「シン・シティ」のクリエイター、フランク・ミラーによるグラフィック・ノベルを「ドーン・オブ・ザ・デッド」(04)のザック・スナイダー監督が映画化。..

記事を読む

十戒.jpeg十..

歴史ドラマ
十戒(1956)THE TEN COMMANDMENTS/★★★☆ 《解説・ストーリー》デミルが1923年の自作をリメイクした超大作。旧約聖書を基に、モーゼがイ..

記事を読む

キング・オブ・キングス.jpegキ..

歴史ドラマ
キング・オブ・キングス(1961)KING OF KINGS/★★★☆ 《解説・ストーリー》1927年のセシル・B・デミル監督による「キリスト伝」のリメイク作品..

記事を読む

ビクトリア.jpg原..

歴史ドラマ
原題:THE YOUNG VICTORIA製作国:イギリス/アメリカ制作年:2009年公開情報:劇場公開(ギャガ)初公開年月:2009/12/26上映時間:10..

記事を読む

講釈.jpg ..

歴史ドラマ
 ある公爵夫人の生涯 原題:THE DUCHESS製作国:イギリス/イタリア/フランス製作年:2008年公開情報:劇場公開(パラマウント)初公開年月:2009/..

記事を読む

エルシド01.jpg ..

歴史ドラマ
  エル・シド   原題:EL CID製作国:アメリカ製作年:1961年上映時間:190分公開情報:劇場公開(COL)初公開年月:1962/04/27ジャンル:..

記事を読む

歴史ドラマ
本日のBSおすすめ映画をご案内します。私にとってとても懐かしい映画です。欧米の歴史映画は、その主人公の名前などを覚えるのが大変な時期に観たような記憶があります。..

記事を読む

歴史ドラマ
〈アラビアのロレンス〉のコロムビア 〈風と共に去りぬ〉のMGM 世界の2大映画会社が 総力を結集して描く雄渾の超大作。 ↓プレミアムシネマ「風とライオン」 20..

記事を読む

GLADIATOR.jpg原..

歴史ドラマ
原題:GLADIATOR製作国:アメリカ製作年:2000年公開情報:劇場公開(UIP)初公開年月:2000/06/17上映時間:155分ジャンル:歴史/アクショ..

記事を読む

ダントン/ジェラール・ドパルデュー

フランス革命の大立者ダントンとロベスピエールの対立を描く! ダントン.jpg

★ダントン★
 <字幕スーパー> <レターボックスサイズ>
2011年11月9日(水) 13時00分~15時19分 BSプレミアム3ch.
【1982年 フランス/ポーランド/西ドイツ マルガレート・メネゴス/ レ・フィルム・デュ・ロサンジュ制作】

【ストーリー】
フランス革命の大立者であり、全くの性格の違うダントンとロベスピエールの対立と彼らがそれぞれにたどった運命を描いた、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダによる歴史ドラマ。1794年のパリ。恐怖政治を終わらせたいという思いを胸に、パリへ戻ってきたダントンに民衆は熱狂する。一方、恐怖政治によって革命を成功させようとしていたロベスピエールを中心とした公安委員会は、ダントンを反逆罪で告発。2人は会談に臨むが、話し合いは決裂する。 ちなみにこのタイトルは原作Sprawa Dantonaに由来したものであり、原作に準じてダントンと彼の失墜を描く。どちらかといえば《ダントンVSロベスピエール》と言った方が映画の内容を的確に示しているかもしれない。

【出演】ジェラール・ドパルデュー,ヴォイチェフ・プショニャック,パトリス・シェロー
【原作】スタニスワヴァ・プシビシェフスカ
【脚色】アンジェイ・ワイダ,ジャン・クロード・カリエール
【監督】アンジェイ・ワイダ
【音楽】ジャン・プロドロミデス

エリザベス/ゴールデン・エイジ/ケイト・ブランシェット

001.jpg
★エリザベス/ゴールデン・エイジ★

【2007年 イギリス ワーキング・タイトル・プロ制作】
  <字幕スーパー><レターボックスサイズ>
2012年1月19日(木) 13時00分~14時58分 BSプレミアム 3ch.

【ストーリー】
アカデミー賞7部門にノミネートされた「エリザベス」から9年、シェカール・カプール監督とケイト・ブランシェットが再びコンビを組んだ続編。生涯独身を誓い、イングランドの女王として君臨するエリザベス1世のまわりに渦巻く暗殺の影、陰謀、そして決して実ることのなかった愛。激しくも悲しい宿命と対峙(たいじ)したエリザベスは、迫りくるスペインの無敵艦隊との歴史的決戦に挑む。アカデミー衣装デザイン賞受賞。(BSプレミアム解説より)

【出演】ケイト・ブランシェット,クライブ・オーウェン,ジェフリー・ラッシュ
【脚本】ウィリアム・ニコルソン,マイケル・ハースト
【監督】シェカール・カプール
【音楽】クレイグ・アームストロング,A・R・ラフマーン


............................................................................................................. 女性の若々しさは、素晴らしい・・・・。

アラビアのロレンス/ピーター・オトゥール

  BSシネマ アカデミー受賞作品特集
3.jpeg 
 
《ストーリー》
1962年に初公開され、第35回アカデミー賞7部門を制覇した名作が、デビッド・リーン生誕100周年、コロンビア映画創立85周年を記念してニュープリント完全版で復活。
 
監督は「大いなる遺産」「ドクトル・ジバコ」のデビッド・リーン、主演は「おしゃれ泥棒」「ラ・マンチャの男」のピーター・オトゥール。
 
物語は、第一次大戦中、アラブ国民から英雄とうたわれた英国陸軍中尉トマス・エドワード・ロレンスを描く。砂漠に魅せられ、アラビアを愛したロレンスの波乱に満ちた半生が、雄大なスケールで展開する超大作。アカデミー作品賞、監督賞、撮影賞、美術・装置賞、音響賞、編集賞、作曲賞を受賞した名作の完全版。 

《キャスト》
出演:ピーター・オトゥール、オマー・シャリフ、アレック・ギネス、アンソニー・クイン、ホセ・ファーラー、クロード・レインズ、アーサー・ケネディ

《スタッフ》
監督:デビッド・リーン
製作:サム・スピーゲル
脚本:ロバート・ボルト
原作:T・E・ロレンス
音楽:モーリス・ジャール
撮影:フレディ・A・ヤング

《作品データ》
原題:Lawrence of Arabia
製作国:1989年アメリカ、イギリス映画
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間:227分
 
アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]アラビアのロレンス【完全版】 デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • メディア: DVD
 

クレオパトラ/エリザベス・テイラー

アカデミー撮影賞など4部門を受賞 
imgres-1.jpeg
★クレオパトラ★ 

《ストーリー》
絶世の美女として歴史に名を残したクレオパトラの波乱の生涯を、巨額の製作費を投じて空前のスケールで描いたスペクタクル超大作。紀元前48年、内乱の続くエジプトに侵攻したローマ帝国の闘将カエサルと出会ったクレオパトラは、世界征服という夢を抱いて彼と結婚するが、カエサルは暗殺され、数年後にローマの権力者アントニウスと恋に落ちる。しかし……。巨額の製作費を投じた豪華絢爛たるスペクタクル超大作。E・テイラーとR・バートンはこの映画で出会い、後に結婚した。アカデミー撮影賞など4部門を受賞。 

《キャスト》
出演:エリザベス・テイラー、レックス・ハリスン、リチャード・バートン

《スタッフ》
製作:ウォルター・ウェンジャー
監督・脚本:ジョゼフ・L・マンキーウィッツ
脚本:ラナルド・マクドーガル、シドニー・バックマン
撮影:レオン・シャムロイ
音楽:アレックス・ノース

《作品データ》
原題:CLEOPATRA
製作国:1963年アメリカ映画
上映時間:243分

..............................................................
★健康な生活は野菜を沢山食べることです! 


墨攻/アンディ・ラウ

墨攻.jpg

《ストーリー》
92年~96年まで、小学館“ビッグコミック”に連載していた同名人気漫画を日中韓+香港の合同プロジェクトで映画化。2000年以上も前の中国に存在した、自ら攻撃を仕掛けることはなく、守るための戦闘「非攻」を掲げた戦闘集団“墨家”。そのメンバーの1人である革離(かくり)の活躍を描く。
紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ猛将・巷淹中率いる10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった。

《キャスト》
出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ファン・ビンビン、チェ・シウォン、ワン・チーウェン

《スタッフ》
監督・脚本:ジェイコブ・チャン
原作:森秀樹&久保田千太郎(コミック)、酒見賢一(小説)
撮影:阪本善尚
音楽:川井憲次
《作品データ》
原題:A Battle of Wits
製作国:2006年中国映画
配給:キュービカル・エンタテインメント、松竹
上映時間:133分

 

 

» and more

300 <スリーハンドレッド>/ジェラルド・バトラー

300 <スリーハンドレッド>.jpeg

《ストーリー》
「シン・シティ」のクリエイター、フランク・ミラーによるグラフィック・ノベルを「ドーン・オブ・ザ・デッド」(04)のザック・スナイダー監督が映画化。紀元前480年。

スパルタ王レオニダスのもとに、侵略を目論むペルシア帝国の王クセルクセスから使者が来訪し、水と土地を差しだし、服従の証を示せと要求。レオニダスはこれを拒否し、たった300人の重装歩兵で100万のペルシア軍を迎え撃つことになる。(映画.com)

《キャスト》
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デビッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ビンセント・リーガン、マイケル・ファスベンダー、トム・ウィズダム、アンドリュー・プレビン
《スタッフ》 
監督:ザック・スナイダー
製作:ジャンニ・ヌナリ、マーク・キャントン、バーニー・ゴールドマン、ジェフリー・シルバー
製作総指揮:デボラ・スナイダー、フランク・ミラー、クレイグ・J・フローレス、トーマス・タル、ウィリアム・フェイ、ベンジャミン・ウェイスブレン
原作:フランク・ミラー、リン・バーレイ
脚本:ザック・スナイダー、カート・ジョンスタッド、マイケル・B・ゴードン
撮影:ラリー・フォン
美術:ジェームズ・ビゼル
編集:ウィリアム・ホイ
音楽:タイラー・ベイツ
《作品データ》
原題:300
製作国:2007年アメリカ映画
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:117分
映倫区分:R15+
..................................................................
・安全な野菜はどこに?
・幼児の食事は気になりますね! 
・美味しい野菜をとりましょう!
 

十戒(1956)/チャールトン・ヘストン

十戒.jpeg
十戒(1956)
THE TEN COMMANDMENTS/★★★☆
 
《解説・ストーリー》
デミルが1923年の自作をリメイクした超大作。旧約聖書を基に、モーゼがイスラエルの民を率いて聖地を築くまでを特撮を駆使し、製作費1350万ドルを費やしたというスペクタクル宗教史劇の傑作。

物語はいたってシンプルです。エジプト王であるラメシス一世。新しく生まれるヘブライの男子をことごとく殺すという命を発した。生まれたモーゼ(チャールトン・へストン)も母親の手でナイルの大河へゆりかごに隠されて流された。だが幸運にも小さな箱船は王女の足もとへ着いた。王女はその赤児をあわれに思い、引きとって立派に育てることにした。

成長したモーゼがエジプト王子として勢力を得て来た頃、宮廷には彼のほかに実の王子ラメシス(ユル・ブリンナー)が権力をふるっていた。2人は王位と王女ネフレテリ(アン・バクスター)の争奪を始める。ネフレテリは“世襲王女”であったから、王座を継ぐものは彼女と結婚しなければならないが、しかし………………..。

とにかく長かった。途中で眠くなりましたが、やはり大作だけ有って史実に再現されていたようにも思えます。海が真っ二つに別れたかどうかは神話の世界ですが、当時の映画技術でコレまで表現出来れば感動ものです。子供の頃観に行ったのですが、とても怖い印象が有りました。しかし、「ベンハー」共々よくできた作品です。

《キャスト》
出演:チャールトン・ヘストン,ユル・ブリンナー,アン・バクスター,エドワード・G・ロビンソン,イヴォンヌ・デ・カーロ,デブラ・パジェット,ジョン・デレク
《スタッフ》
監督:セシル・B・デミル
製作:セシル・B・デミル
脚本:イーニアス・マッケンジー,ジェシー・L・ラスキー・Jr,ジャック・ガリス,フレドリック・M・フランク
撮影:ロイヤル・グリッグス
音楽:エルマー・バーンスタイン
《作品データ》
原題:THE TEN COMMANDMENTS
製作国:アメリカ
製作年:1965年
公開情報:劇場公開(PAR)
初公開年月:1958/03/15
上映時間:220分
ジャンル:歴史劇/アドベンチャー
 
 
 
 

キング・オブ・キングス/ジェフリー・ハンター

キング・オブ・キングス.jpeg
キング・オブ・キングス(1961)
KING OF KINGS/★★★☆
 
《解説・ストーリー》
1927年のセシル・B・デミル監督による「キリスト伝」のリメイク作品。
当時、ユダヤ民族はローマの支配下に苦しみ、その圧政から解放してくれる指導者の出現が待たれていたが、ローマにおもねるユダヤの暴君ヘロデ王は、救世主出現の予告におびえていた。
 
首都ベツレヘムに生まれる男の子を皆殺しにする様命じた。その夜町はずれの馬舎に生まれたイエスは幸い人々の助けで難をのがれ、成長していくが……。やがてローマ軍に身を拘束され、ゴルダの丘で処刑されたが、夜明け、彼は復活した。彼の死は終わりではなく始まりだったのである。

よく聞く話ですね!イエスの存在でどれほどの命が救われたことか…。歴史勉強にはピッタシって感じです。ただこの当時の映画は長い!やはり途中でだれましが、後半は見応えがありました。主演のハンターはイエスを演じるには大分逞しい風貌でした、瞳の美しさが印象的でした。そして数々の奇跡についても“癒し”の側面を強調したのはまさに正解でした。
 
キング・オブ・キングス01.jpeg 
★イエス役のジェフリー・ハンターさんです。
 
《キャスト》
出演:ジェフリー・ハンター,ロバート・ライアン,シオバン・マッケンナ,ハリー・ガーディノ,リタ・ガム,リップ・トーン
《スタッフ》
監督:ニコラス・レイ
製作:サミュエル・ブロンストン
脚本:フィリップ・ヨーダン
撮影:フランツ・プラナー,ミルトン・クラスナー
音楽:ミクロス・ローザ
ナレーション:オーソン・ウェルズ
《作品データ》
原題:KING OF KINGS
製作国:アメリカ
製作年:1961年
公開情報:劇場公開(MGM)
初公開年月:1961/12/15
上映時間:165分
ジャンル:ドラマ/歴史劇
 
 
 

ヴィクトリア女王~世紀の愛~ /エミリー・ブラント

ビクトリア.jpg
原題:THE YOUNG VICTORIA
製作国:イギリス/アメリカ
制作年:2009年
公開情報:劇場公開(ギャガ)
初公開年月:2009/12/26
上映時間:102分
ジャンル:歴史劇/ロマンス/ドラマ
映倫:G
おすすめ度:★★★★☆ 
 
《解説・感想》
七つの海を支配し、イギリスを「太陽の沈まない帝国」と呼ばれるまでに押し上げた、ヴィクトリア女王。
 
黄金期を夫婦で支え続けた女王とアルバート公は、19世紀当時から今もずっと、史上最高の理想のカップルとして語り継がれています。

しかし、真の絆を結ぶまで、二人は数々の波乱と困難を乗り越えなければならなかった。18歳で即位し、イギリスを最強の国家に導いた若き女王の愛と真実の物語。
 
主演は「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントと「プライドと偏見」のルパート・フレンド。共演にポール・ベタニー、ミランダ・リチャードソン、ジム・ブロードベント。
 
監督はカナダ出身の期待の映像作家ジャン=マルク・ヴァレ。

我々の分かりにくい世界の映画ですが、歴史の1ページとして観ました。やっぱり歴史映画は理解するのが大変です。

ただ、女王とは遠い存在と思われてきましたが、人間味のあるこのヴィクトリア女王には親しみを感じましたね。

国の王女ともなると、私は国家と結婚したとか、私の夫は国家とか等を聞きますが、このヴィクトリア女王はちょっと違ったのかもしれませんね。

戴冠式の映像は素晴らしいものがありましたし、その他美しいシーンがいくつも出てきます。
 
ここでもマーク・ストロングさんは悪役でした。 

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
  
  

» 続きを読む

ある公爵夫人の生涯/キーラ・ナイトレイ

講釈.jpg
 ある公爵夫人の生涯 
原題:THE DUCHESS
製作国:イギリス/イタリア/フランス
製作年:2008年
公開情報:劇場公開(パラマウント)
初公開年月:2009/04/11
上映時間:110分
ジャンル:歴史劇/ドラマ
 
プレミアムシネマ「ある公爵夫人の生涯」 <字幕スーパー>
2013年4月5日(金)  13時00分~14時55分  BSプレミアム  
 
《解説》
イギリスの元王太子妃ダイアナの生家としても知られるスペンサー家が舞台。

18世紀後半にその名門貴族に生まれ、17歳でデヴォンシャー公爵夫人となった実在の女性、ジョージアナの華やかにしてスキャンダラスな結婚生活を描いた歴史ドラマ。

主演は「つぐない」のキーラ・ナイトレイ、共演に「イングリッシュ・ペイシェント」「ナイロビの蜂」のレイフ・ファインズ。
 
監督はドキュメンタリー畑出身で長編劇映画2作目のソウル・ディブ。
 

» 続きを読む

エル・シド/チャールトン・ヘストン

エルシド01.jpg  エル・シド  
原題:EL CID
製作国:アメリカ
製作年:1961年
上映時間:190分
公開情報:劇場公開(COL)
初公開年月:1962/04/27
ジャンル:歴史劇/アドベンチャー
おすすめ度:★★★★☆

今日のBSプレミアムで放映されます。(関西エリア)
是非ご覧ください!

プレミアムシネマ「エル・シド」<字幕スーパー> <レターボックスサイズ>
2013年6月5日(水)  13時00分~16時05分  の放送内容

《解説》
チャールトン・ヘストン主演による、救国の英雄エル・シドの生涯を描いた大スペクタクル大作。

当時の思い出ですが、「ベン・ハー」に匹敵しようかという歴史スペクタクル映画の傑作だと確信します。

この頃の歴史物は、ほとんどがヘストンさん出演が多かったように思いますし、きっと彼が絶頂期だったんですね。
その1作がこの「エル・シド」です。

3時間強の上映 時間ながら、様々な人間関係、政治抗争などを力強く描がかれていて見応えは十分です。
ヘストンさん演じるエル・シドが、体に剣を突き刺されたまま馬に乗って海岸を走って来るラストシーンはとても印象深いものがあります。

【定価より20%OFF】BD/洋画/エル・シド(Blu-ray)/PBH-300130

» 続きを読む

冬のライオン/ピーター・オトゥール

本日のBSおすすめ映画をご案内します。
私にとってとても懐かしい映画です。

欧米の歴史映画は、その主人公の名前などを覚えるのが大変な時期に観たような記憶があります。
おすすめ度は、評判や口コミで表記しました。
 ↓
プレミアムシネマ「冬のライオン」
2013年8月2日(金)  13時00分~15時18分 NHKBSプレミアム

冬のライオン03.jpg原題:THE LION IN WINTER
製作国:イギリス
製作年:1968年
公開情報:劇場公開(ブエナ)
初公開年月:1970/02/04
上映時間:140分
ジャンル:歴史劇/ロマンス
おすすめ度:★★★★☆

《解説》
この作品は、1966年初演のブロードウェイの演劇作品として有名。1999年にはリバイバル上演されている。また、1968年にハリウッドで映画化(今回の作品)され、2003年にはテレビ映画としてリメイクもされた。

1183年クリスマスのシノン城を舞台に、中世のイングランド国王ヘンリー2世と王妃エレノア、その3人の息子とフランス王を絡め、権力と人間関係を巡る愛憎を描く王位継承をめぐる争いを描いた歴史ドラマ。

歴代のエレノア役を演じた女優が常に絶賛され、様々な賞に輝く一方で、フィリップ役には将来が有望な新鋭の美男俳優が起用されることでも話題になる作品だそうです。(wikiより)

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


» 続きを読む

風とライオン/ショーン・コネリー

〈アラビアのロレンス〉のコロムビア 〈風と共に去りぬ〉のMGM 
世界の2大映画会社が 総力を結集して描く雄渾の超大作。
 ↓
プレミアムシネマ「風とライオン」 
2013年8月14日(水)  13時00分~15時00分  NHKBSプレミアム


風とライオン03.jpg原題:THE WIND AND THE LION
製作国:アメリカ
製作年:1975年
公開情報:劇場公開(COL)
初公開年月:1976/04/24
上映時間:119分
ジャンル:歴史劇/アドベンチャー
おすすめ度:★★★★★


《解説・コメント》
悠久の砂漠に、いま燃えあがる。愛と友情と戦いの炎!

この作品は、R・フォーブスの小説『リフ族の首長』をもとに、あの「ビッグウェンズデイ」ジョン・ミリアス監督が、手がける。

列強諸国の支配から祖国モロッコを守ろうとするリフ族の首長と、時のアメリカ大統領ルーズベルトとの攻防戦を描いた歴史大作です。

やはり見どころは、S・コネリー、B・キースの味のある演技だと感じます。もちろんその戦闘 シーンも迫力満点。黒澤明作品を熱愛するジョン・ミリアス監督の豪快な演出が光る作品です。

 ↓
【送料無料】【ブックス初購入ポイント10倍】風とライオン [ ショーン・コネリー ]

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

» 続きを読む

グラディエーター/ラッセル・クロウ

GLADIATOR.jpg原題:GLADIATOR
製作国:アメリカ
製作年:2000年
公開情報:劇場公開(UIP)
初公開年月:2000/06/17
上映時間:155分
ジャンル:歴史/アクション
おすすめ度:★★★★☆

本日のおすすめ作品
 ↓
プレミアムシネマ「グラディエーター」<字幕スーパー>
2014年3月19日(水)  13時00分~15時37分  NHKBSプレミアム


《解説・コメント》
名匠リドリー・スコットが描くスペクタクル史劇。

古代ローマ帝国を舞台に、陰謀に陥れられた英雄騎士の死闘をダイナミックに描く。
無敵の剣闘士役を演じたラッセル・クロウが秀逸。アカデミー作品賞、主演男優賞ほか5部門受賞。

仇討ち作品としては、王道的なストーリーですが、その割には主人公が最初から強いってのが気になりましたね。もうちょっと、段階を踏めば良かったような気がします。

もっというなら、スタイリッシュすぎて美しすぎる。もう少し泥臭く汚れを演出した方が、最後の盛り上がりは違ったように感じます。まあ、文句は言えば切りがないなか監督の演出、クロウさんの格好ようさは否めませんね。

「ベン・ハー」と同様、大河ドラマ的なストーリーですが、 製作された時代(2000年)が新しいので、この作品のほうが洗練された印象は受けますね。 えらくカッコいいスペクタクル活劇でした。

私が感動した巨大コロシアムの剣闘シーンの超ど迫力はさすがに納得でした。ちなみにCGで描かれたそうです。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


» 続きを読む

Copyright © 嗚呼!懐かしのゴールデン映画劇場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます