SSブログ

戦争アクションのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:戦争アクション

戦争アクションのカテゴリ記事一覧。懐かしの洋画を中心に、新旧様々な作品の情報などをお伝えしています。
crimzon.jpg ..

戦争アクション
★クリムゾンタイド★≪hulu≫フールーより【ストーリー】ロシアでチェチェン紛争をきっかけに超国家主義者の反乱が勃発。反乱軍は大陸間弾道ミサイルを発射できる基地..

記事を読む

グリーン・ゾーン.jpeg ..

戦争アクション
  《ストーリー》「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモンによるサスペンス・アクション。砂漠に隠された..

記事を読む

戦争アクション
《ストーリー》第二次大戦時、対独戦略爆撃に活躍した、第918空軍の姿を実話をもとに映画化した戦争ドラマ。1942年。駐英米陸軍航空隊・第918爆撃航空群は、連日..

記事を読む

戦争アクション
 《ストーリー》第2次世界大戦末期の1945年2月、連合国軍は敗走するドイツ軍を追ってライン川に迫った。連合軍の進撃を食い止めるべくナチス・ドイツ軍はライン河に..

記事を読む

imgres-4.jpeg ..

戦争アクション
 《ストーリー》1943年、イギリスの米軍基地。ナチス・ドイツを叩くため危険な白昼攻撃を繰り返す"空の要塞Bー17の"中で唯一24回出撃して..

記事を読む

imgres-5.jpeg ..

戦争アクション
 《ストーリー》1940年5月、突如としてドイツ軍はフランスになだれ込み、いわゆる電撃戦によってフランスを占領してしまった。次の目標はイギリス。和平交渉をチャー..

記事を読む

戦争アクション
《ストーリー》トップガンとは、アメリカ海軍に所属するトップ1パーセントのエリート・パイロットのこと。その仲間入りを果たしたマーベリックとグースは厳しい訓練を受け..

記事を読む

エネミー・ライン.jpeg《..

戦争アクション
《解説&ストーリー》「アルマゲドン」のオーウェン・ウィルソン、オスカー俳優ジーン・ハックマン共演で、熱い男のドラマを描く戦争アクション。監督は報道カメラマン出身..

記事を読む

特攻大作戦.jpeg特..

戦争アクション
特攻大作戦(1967)THE DIRTY DOZEN/★★★☆ 《解説&ストーリー》ロバート・アルドリッチ監督の代表作として知られる豪快な戦争アクション。リー・..

記事を読む

ヘンリー・フォンダ02.jpegバ..

戦争アクション
バルジ大作戦(1965)BATTLE OF THE BULGE/★★★☆《ストーリー》第二次大戦、ヨーロッパ戦線。連合軍は進撃を続け、ナチ崩壊を目前に早くも勝利..

記事を読む

脱走特急.jpeg脱..

戦争アクション
脱走特急(1965)VON RYAN'S EXPRESS/★★★☆《ストーリー》1943年イタリア軍の捕虜収容所から、イタリアの敗戦(ピエトロ・バドリオ..

記事を読む

633爆撃隊03.jpeg ..

戦争アクション
 633爆撃隊(1964)633 SQUADRON/★★★☆《解説&ストーリー》ノルマンディー上陸に先駆け、ナチ占領下ノルウェイの敵空軍の重要拠点の爆破を命じら..

記事を読む

モスキート爆撃隊02.jpegモ..

戦争アクション
モスキート爆撃隊(1969)MOSQUITO SQUADRON/★★☆☆《解説&ストーリー》第二次大戦を背景にイギリスのモスキート爆撃隊員の捕虜救出劇を描いた戦..

記事を読む

サハラ戦車隊.jpegサ..

戦争アクション
サハラ戦車隊(1943)SAHARA/★★☆☆《解説&ストーリー》ソ連映画劇「十三人」の挿話よりフィリップ・マクドナルドが構成、ジョン・ハワード・ロウソンが「ジ..

記事を読む

エクスペンダブルズ.jpeg原..

戦争アクション
原題:THE EXPENDABLES製作国:アメリカ製作年:2010年公開情報:劇場公開(松竹)初公開年月:2010/10/16上映時間:103分ジャンル:アク..

記事を読む

クリムゾンタイド/デンゼル・ワシントン,ジーン・ハックマン

crimzon.jpg

★クリムゾンタイド★
≪hulu≫フールーより
【ストーリー】
ロシアでチェチェン紛争をきっかけに超国家主義者の反乱が勃発。反乱軍は大陸間弾道ミサイルを発射できる基地など大兵力を自らの手におさめ、自らの要求が応じられなければ日米を核攻撃すると脅迫。これに対しアメリカ政府は、オハイオ級原子力潜水艦アラバマを出撃させることを決定した。 アラバマの艦長で、実戦経験豊富な叩き上げのラムジー大佐は、ハーヴァード出のエリートにして黒人のハンター少佐を新たな副長に迎え、出港する。だが、訓練方針をめぐる対立、危機にストレスを感じる乗員たちへの対処の食い違いなどから両者の溝は徐々に深まってゆく。

出港から6日目。北太平洋を哨戒中のアラバマに指令が届く。仮想敵国叛乱軍が弾道ミサイルに燃料注入を開始、発射を阻止すべく先制攻撃を加えよ、と。発射準備に忙殺されるアラバマに、叛乱軍の攻撃型潜水艦が迫る。攻撃を間一髪で回避するものの、攻撃中に通信装置が損傷し、受信しつつあった指令が中断してしまう。暗号文の解釈をめぐり、攻撃を続行すべきだとするラムジーと、指令を再確認すべきだとするハンター。2人の対立はついに頂点に達する。ハンターは、独断ででもミサイルを発射しようとするラムジーを、軍規逸脱を理由に解任。指揮権を握り、指令の再確認を試みる。

しかし、引き続く叛乱軍潜水艦の攻撃にアラバマは大損害を受け、あわや沈没の危機にさらされる。沈没はぎりぎりで避けられたものの、動揺した一部の士官たちは、拘禁された艦長を救い出して指揮権を奪還し、ミサイル攻撃を敢行しようとする。攻撃が手遅れであれば大量の市民を無為に死なせることになる。しかし、攻撃が誤りであれば、それは最終戦争の引き金となる。ミサイル攻撃遂行か、指令の再確認か、艦内はふたつに割れて対立するのだった。

【出演】デンゼル・ワシントン、ジーン・ハックマン
【原作】リチャード・P・ヘンリック(原案)
【脚本】マイケル・シファー(原案・脚色)
【監督】トニー・スコット
【音楽】ハンス・ジマー
【製作】ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー
【配給】ハリウッド・ピクチャーズ、ブエナ・ビスタ・インターナショナル・ジャパン
【公開】 1995年5月12日、1995年10月10日
【上映時間】116分
【製作国】 アメリカ合衆国

.......................................................................................................................................... 頭皮は多くの方のお悩み出はないでしょうか。お悩みの方はこちらから

グリーン・ゾーン/マット・デイモン

グリーン・ゾーン.jpeg  

《ストーリー》
「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモンによるサスペンス・アクション。砂漠に隠された大量破壊兵器の所在を突き止めるという極秘任務につく米軍兵士のミラー(デイモン)は、調査を重ねるも兵器の痕跡すら発見できず、情報の信憑性に疑問を抱き始める。国防省の動きを不審に思ったミラーは部隊を離れ、CIAのブラウンと独自に調査を開始するが、そこには全世界を揺るがす衝撃の真実が待ち受けていた。

《キャスト》
出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス
《スタッフ》
監督:ポール・グリーングラス
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、ロイド・レビン、ポール・グリーングラス
製作総指揮:デブラ・ヘイワード、ライザ・チェイシン
原作:ラジーフ・チャンドラセカラン
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
撮影:バリー・アクロイド
美術:ドミニク・ワトキンス
編集:クリストファー・ラウズ
音楽:ジョン・パウエル
《作品データ》
原題:Green Zone
製作国:2010年アメリカ映画
配給:東宝東和
上映時間:114分
映倫区分:G

頭上の敵機/グレゴリー・ペック

imgres-1.jpeg

《ストーリー》
第二次大戦時、対独戦略爆撃に活躍した、第918空軍の姿を実話をもとに映画化した戦争ドラマ。1942年。駐英米陸軍航空隊・第918爆撃航空群は、連日の出撃で多大の損害を出していた。温情家の指揮官・ダベンポート大佐は部下たちから慕われていたが、その温情が仇となり、解任される。代わって赴任して来たのはダベンポートと旧知の仲でもあるフランク・サベージ准将だった。サベージは徹底的に人事を刷新、容赦なく賞罰をあかし、連日の猛訓練を全員に課した。そのやり方に搭乗員たちの間に不満がわき興ったが、訓練の成果により戦果が上がり始め、戦死者の数も激減する。その結果、部下たちは徐々にサベージに信頼をおくようになっていった。だが連日の出撃と激戦により自分の後を託すべき指揮官候補たちを次々に失い、サベージは肉体的・精神的に疲労の極限に追い込まれていった・・・。TV番組でも人気はありましたね。

《キャスト》
出演:グレゴリー・ペック、ヒュー・マーロウ、ディーン・ジャガー、ゲイリー・メリル
《スタッフ》
製作:ダリル・F・ザナック
監督:ヘンリー・キング
脚本:サイ・バートレット
撮影:レオン・シャムロイ
音楽:アルフレッド・ニューマン
《作品データ》
原題:TWELVE O’CLOCK HIGH
製作国:1949年アメリカ映画
上映時間:132分

レマゲン鉄橋/ロバート・ボーン

 imgres-2.jpeg

《ストーリー》
第2次世界大戦末期の1945年2月、連合国軍は敗走するドイツ軍を追ってライン川に迫った。連合軍の進撃を食い止めるべくナチス・ドイツ軍はライン河に架かる最後の橋の爆破を決定するが、現地の指揮官は7万5000の兵の避難する直前まで爆破を延期する….。

レマゲン鉄橋をはさんで両軍の一大攻防戦が始まった。冒頭からクライマックスまで続く戦闘シーンの迫力はベテラン、ギラーミンの得意とするところ。戦争アクション映画ファンならずとも一見の価値あり。本物の戦車・建物・橋を使って撮影された戦闘シーンはそれだけでも充分な見せ場となっているが、計算されたアングルやカメラワークによってとてつもない臨場感を伴って迫る。ギラーミン監督は後に空前の大作「タワーリング・インフェルノ」をまかされる。

《キャスト》
出演:ジョージ・シーガル、ロバート・ボーン、ベン・ギャザラ
《スタッフ》
製作:デビッド・L・ウォルパー
監督:ジョン・ギラーミン
脚本:セオドア・ストラウス、ウィリアム・ロバーツ、レイ・リグビー
撮影:スタンリー・コルテス
音楽:エルマー・バーンスタイン
《作品データ》
原題:THE BRIDGE AT REMAGEN
製作国:1970年アメリカ映画
上映時間:117分

 

メンフィス・ベル/マシュー・モディン

imgres-4.jpeg 

《ストーリー》
1943年、イギリスの米軍基地。ナチス・ドイツを叩くため危険な白昼攻撃を繰り返す"空の要塞Bー17の"中で唯一24回出撃して無償の強運を持つのが"メンフィス・ベル"だった。そして明日はいよいよ最後の飛行、これが無事終われば10人のクルーは英雄として故郷に帰れる。出撃前のダンスパーティー、まだ10代の者もいる彼らの心の内は様々に揺れ動く。そして出撃の朝、彼らを戦意昂揚の宣伝に利用しようと浮かれ騒ぐ広報大佐を前に、送り出す立場の基地指令の気持ちは複雑だった。目的地は最も危険なドイツ本土のブレーメン、飛行機工場の爆撃だ。機を預かるのは真面目な操縦士のデニスとそれぞれの個性を持つクルーたちは絶妙のコンビネーションで目的地を目指す。しかし敵軍の攻撃は容赦なく、次々と友軍機が墜ちてゆく。

 ついにブレーメン上空に達するも煙幕に覆われて巨標は見えない。デニスは見えるようになるまで旋回を続けることを決意し、危険な時間が流れる。そしてついに煙が晴れた。任務は完了されたのだ。しかし帰途ユージンが弾に当たって重傷を負った。このままでは危ない、落下傘で落とすことを主張するバルに対して、皆は全員一緒に帰還することを選ぶ。そして様々な困難を乗り越えた"メンフィス・ベル"の姿が待ちわびる基地全員の前に見えた。しかし、片輪しか出ていない。が最後まであきらめないクルーたちは必死の努力で無事着陸した。そしてその名は伝説のものとなったのである。命懸けの戦場で友情と勇気を確かめ合う若者たちを描いて大ヒットした戦争ドラマ。

《キャスト》
出演:マシュー・モディン、エリック・ストルツ、テイト・ドノバン、D・B・スウィーニー、ハリー・コニック・Jr.、ジョン・リスゴー、デビッド・ストラザーン
《スタッフ》
製作:デビッド・パットナム、キャサリン・ワイラー
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
脚本:モンテ・メリック
撮影:デビッド・ワトキン
音楽:ジョージ・フェントン
《作品データ》
原題:MEMPHIS BELLE
製作国:1990年アメリカ映画
上映時間:107分

 

空軍大戦略/ローレンス・オリビエ

imgres-5.jpeg 

《ストーリー》

1940年5月、突如としてドイツ軍はフランスになだれ込み、いわゆる電撃戦によってフランスを占領してしまった。次の目標はイギリス。和平交渉をチャーチルに拒否されたヒトラーは突如、英仏海峡に上陸用舟艇を並べ、いまにも侵攻するという構えを見せたドイツ軍は、まず優勢の空軍によってイギリスの制空権を奪取しよう英国本土の爆撃を敢行。英本土上空の航空戦、バトル・オブ・ブリテンの開始となった。スピットファイアーやハリケーンで激しく応戦する……。全編の3分の2が空中戦シーンという戦争航空映画の巨編。イギリス映画界の豪華スター競演も話題を呼んだ。

《キャスト》
出演:ローレンス・オリビエ、マイケル・ケイン、ロバート・ショウ、トレバー・ハワード、クリストファー・プラマー、スザンナ・ヨーク、クルト・ユルゲンス
《スタッフ》
監督:ガイ・ハミルトン
脚本:ジェームズ・ケナウェイ、ウィルフレッド・グレートレックス
撮影:フレディ・A・ヤング
音楽:ロン・グッドウィン
《作品データ》
原題:BATTLE OF BRITAIN
製作国:1969年イギリス映画
上映時間:127分

 

 

 

トップガン/トム・クルーズ



《ストーリー》
トップガンとは、アメリカ海軍に所属するトップ1パーセントのエリート・パイロットのこと。その仲間入りを果たしたマーベリックとグースは厳しい訓練を受けることに。

女性教官チャーリーとの恋、ライバルのアイスマンとの激突、そして訓練中の事故によるグースの死を経て、成長していくマーベリック。やがて彼は敵ミグ戦闘機との実戦に出撃する。

ケニー・ロギンスやベルリンらの曲を用いたリズム感あふれる映像が大ウケし、世界的メガヒットを記録したスカイ・アクション映画。(映画.comより)

《キャスト》
出演:トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、バル・キルマー、アンソニー・エドワーズ、トム・スケリット、マイケル・アイアンサイド、ジョン・ストックウェル、バリー・タブ、リック・ロソビッチ、ティム・ロビンス、クラレンス・ギルヤード・Jr.、ウィップ・ヒューブリー、ジェームズ・トルカン、メグ・ライアン、エイドリアン・パスダー
《スタッフ》
監督:トニー・スコット
製作:ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:ビル・バダラート
脚本:ジム・キャッシュ、ジャック・エップス・Jr.
撮影:ジェフリー・キンボール
美術:ジョン・F・デキュア・Jr.
編集:ビリー・ウェバー、クリス・レベンゾン
音楽:ハロルド・フォルターメイヤー
《作品データ》
原題:Top Gun
製作国:1986年アメリカ映画
上映時間:110分
 
 

エネミー・ライン/オーウェン・ウィルソン

エネミー・ライン.jpeg

《解説&ストーリー》
「アルマゲドン」のオーウェン・ウィルソン、オスカー俳優ジーン・ハックマン共演で、熱い男のドラマを描く戦争アクション。監督は報道カメラマン出身の新鋭ジョン・ムーア。

ボスニア上空から敵地撮影をしていたクリス大尉は、攻撃を受けて不時着。その地でセルビア人民軍の凶悪犯罪を目撃し、その情報を持ち帰るため、救出ポイントに向かうが………….。

せっかくとりつけた停戦を無視できず上層部はクリス大尉を置き去りにし、救出は失敗した。しかし彼の上官であるレイガード提督は、上層部の意向に逆らって、再度、クリス大尉を救出しようとする。20分にも及ぶミサイルVS戦闘機の手に汗握るスカイチェイスは必見です。

《キャスト》
出演:オーウェン・ウィルソン、ジーン・ハックマン、ガブリエル・マクト、チャールズ・マリック・ホイットフィールド、ヨアキム・デ・アルメイダ
《スタッフ》
監督:ジョン・ムーア
製作:ジョン・デイビス
製作総指揮:ステファニー・オースティン、ウィック・ゴッドフレイ
原案:ジェームズ・トーマス、ジョン・トーマス
脚本:デビッド・ベロズ、ザック・ペン
《作品データ》
原題:Behind Enemy Lines
製作年:2001年
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
上映時間:106分
...............................................................

・野菜の栄養はどこに?
・野菜の栄養素とは! 
・野菜の不足にはご注意を!

 

 

特攻大作戦/リー・マーヴィン

特攻大作戦.jpeg
特攻大作戦(1967)
THE DIRTY DOZEN/★★★☆
 
《解説&ストーリー》
ロバート・アルドリッチ監督の代表作として知られる豪快な戦争アクション。リー・マービン以下、個性的で豪華なキャストが集結。役柄でも個性のぶつかり合いが見もの。

1944年、ヨーロッパ大陸侵攻直前のこと。米軍のライスマン少佐は、死刑、または無期懲役を宣告された凶悪な囚人たちによる部隊を編成し、敵軍のかく乱を行なうという特別作戦の指揮を命ぜられる。選ばれた12人はいずれも一筋縄ではいかない荒くれ者ばかり。そんな囚人部隊も、ライスマンの厳しい特訓のもと、次第に結束していく。そしてついに出撃の時が……。

後年、TVムービーで3本の続編「ダーティ・ヒーロー/地獄の勇者たち」「殺人軍団ダーティ・ミッション/特攻大作戦3」「殺人軍団フェイタル・ミッション/特攻大作戦4」が製作された。(映画.com)

《キャスト》
出演:リー・マーヴィン、アーネスト・ボーグナイン、ジム・ブラウン、チャールズ・ブロンソン、ジョン・カサヴェテス、リチャード・ジャッケル、クリント・ウォーカー、テリー・サヴァラス、ジョージ・ケネディ、ラルフ・ミーカー、ロバート・ライアン、ドナルド・サザーラン
《スタッフ》
監督:ロバート・アルドリッチ
製作:ケネス・ハイマン
原作:E・M・ナサンソン
脚本:ナナリー・ジョンソン、ルーカス・ヘラー
撮影:エドワード・スケイフ
音楽:フランク・デ・ヴォール
《作品データ》
原題:THE DIRTY DOZEN
製作国:アメリカ
製作年:1967年
公開情報:劇場公開(MGM)
初公開年月:1967/10/06
上映時間:150分
ジャンル:アクション/戦争
 
 
 

バルジ大作戦/ヘンリー・フォンダ

ヘンリー・フォンダ02.jpeg
バルジ大作戦(1965)
BATTLE OF THE BULGE/★★★☆

《ストーリー》
第二次大戦、ヨーロッパ戦線。連合軍は進撃を続け、ナチ崩壊を目前に早くも勝利ムードに浸っていた。しかし陸軍中佐のカイリーだけは、独軍が再度反撃してくるのではと考えていた。

その頃ドイツでは、へスラー大佐らが起死回生をかけて、アルデンの連合部隊を急襲。こうして12月16日、米軍最前線の部隊は突然轟音とともに現れたタイガー戦車隊の猛攻に大打撃を受ける。その後もドイツ軍の進撃はすさまじく、米軍の燃料貯蔵庫さえもアメリカ兵に変装したドイツ兵に押さえられてしまう有様。

バルジ大作戦.jpeg 
 
しかし沈着冷静な米軍中佐がドイツ軍の大反撃作戦を失敗へと導く。オール男性スター・キャストによる戦争巨編で、莫大な製作費をかけた戦闘シーンの数々も話題になった。

《キャスト》
出演:ヘンリー・フォンダ、ロバート・ショウ、ロバート・ライアン、チャールズ・ブロンソン
《スタッフ》
製作・脚本:ミルトン・スパーリング
監督:ケン・アナキン
脚本:フィリップ・ヨーダン、ジョン・メルソン
撮影:ジャック・ヒルドヤード
音楽:
ベンジャミン・フランケル
《作品データ》
原題:BATTLE OF THE BULGE
製作国:アメリカ
製作年:1965年
公開情報:劇場公開(WB)
初公開年月:1966/04/01
上映時間:175分
ジャンル:戦争/アクション
 

脱走特急(1965) /フランク・シナトラ

脱走特急.jpeg
脱走特急(1965)
VON RYAN'S EXPRESS/★★★☆
《ストーリー》
1943年イタリア軍の捕虜収容所から、イタリアの敗戦(ピエトロ・バドリオ政権樹立)に乗じて連合軍の捕虜が集団脱走を図るが、侵攻してきたドイツ軍に捕まり、イタリア中部からオーストリアに移送されることになってしまう。
 
捕虜たちは、リーダーのアメリカ軍人”フォン”ライアン大佐の指揮の下、逆に列車を乗っ取り、ドイツ軍人になりすまして列車ごと一路中立国のスイスを目指すが、彼らを執拗に追いかけるドイツ軍とついにスイス国境で一大銃撃戦となる。
 
D・ウエストハイマーの小説『フォン・ライアン特急』を、ベテランのM・ロブスン監督が映画化。
(”フォン”ライアン大佐は、その指揮があまりにも厳格なため「ドイツ人のようだ」として捕虜からこう呼ばれていたらしい。)
 
《キャスト》
出演:フランク・シナトラ、トレバー・ハワード、ジョン・レイトン、ラファエラ・カッラ、ブラッド・デクスター、ジェームズ・ブローリン、アドルフォ・チェリ
《スタッフ》
製作:ソウル・デビッド
監督:マーク・ロブスン
原作:デビッド・ウエストハイマー
脚本:ウェンデル・メイズ、ジョゼフ・ランドン
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
《作品データ》
原題:VON RYAN'S EXPRESS
製作国:アメリカ
製作年:1965年
公開情報:劇場公開(FOX)
初公開年月:1965/08/07
上映時間:117分
ジャンル:戦争/アクション
 
.............................................................
・最近からだがだるいとお感じのあなたへ!

 

633爆撃隊/クリフ・ロバートソン

633爆撃隊03.jpeg 
633爆撃隊(1964)
633 SQUADRON/★★★☆
《解説&ストーリー》
ノルマンディー上陸に先駆け、ナチ占領下ノルウェイの敵空軍の重要拠点の爆破を命じられた、爆撃隊の活躍を描く。
 
目的は遂行すれど最後には玉砕してしまうというちょっと悲しい結末だが、当時の第二次大戦ものには珍しいヒロイズム謳歌に傾かぬリアルな展開。クリフ・ロバートソンが格好いい!
 
そして、特撮を極力排した空中戦シーンの見事さが、我々の少年時代に夢中になった同種の作品群の中でも格別の一本だと感じ、いまだ記憶にありありと残っている。非常によくできた英米合作の航空アクションムービーだ。
633爆撃隊02.jpeg
 
《キャスト》
出演:ジョージ・チャキリス、クリフ・ロバートソン、マリア・ペルシー、ハリー・アンドリュース、ドナルド・ヒューストン、マイケル・グッドリーフ、ジョン・メイロン
《スタッフ》
監督:ウォルター・E・グローマン
製作:セシル・F・フォード
製作総指揮:ルイス・J・ラックミル
原作:フレデリック・E・スミス
脚本:ハワード・コッチ、ジェームズ・クラヴェル
撮影:エドワード・スケイフ
特撮:トム・ハワード
プロダクションデザイン:マイケル・ストリンガー
編集:バート・ベイツ
音楽:ロン・グッドウィン
《作品データ》
原題:633 SQUADRON
製作国:イギリス
製作年:1964年
公開情報;劇場公開(UA)
初公開年月:1964/07/25
上映時間:101分
ジャンル:戦争/アクション

モスキート爆撃隊/デヴィッド・マッカラム

モスキート爆撃隊02.jpeg
モスキート爆撃隊(1969)
MOSQUITO SQUADRON/★★☆☆
《解説&ストーリー》
第二次大戦を背景にイギリスのモスキート爆撃隊員の捕虜救出劇を描いた戦争アクション映画。監督は「空爆特攻隊」のボリス・シーガル。1944年、ロンドンは、ドイツ軍基地から発射される超音速ミサイルV2の攻撃にさらされていた。

しかも、ドイツはV3、V4となづけられた新兵器を開発していた。そんな時、爆撃隊長クイント・マンロー(D・マッカラム)に降りた任務は、V・3の開発をくいとめることだった。だがマンローが、爆撃に向かおうとしたとき、現地に味方の捕虜が収容されているとの情報がもたらされた……。
 
モスキート爆撃隊.jpeg

このモスキートいう飛行機は、オール木製で軽くて良いのですが………..。完全防備のドイツ・ロケット基地をモスキート編隊の超低空爆撃!まったく新しい爆撃テクニックでど肝をぬく面白さです!

《キャスト》
出演:デヴィッド・マッカラム、スザンヌ・ネヴ、デヴィッド・バック、デヴィッド・ダンダス、チャールズ・グレイ、ヴラデク・シェイバル
《スタッフ》
監督:ボリス・セイガル
製作:ルイス・ラックミル
脚本:ドナルド・S・サンフォード、ジョイス・ペリー
撮影:ポール・ビーソン
編集:ジョン・S・スミス
音楽:フランク・コーデル
《作品データ》
原題:MOSQUITO SQUADRON
製作国:イギリス 
製作年:1969年
公開情報:劇場公開(UA)
初公開年月:1970/02/21
上映時間:90分
ジャンル:戦争/アクション
 

サハラ戦車隊(1943) /ハンフリー・ボガート

サハラ戦車隊.jpeg
サハラ戦車隊(1943)
SAHARA/★★☆☆

《解説&ストーリー》
ソ連映画劇「十三人」の挿話よりフィリップ・マクドナルドが構成、ジョン・ハワード・ロウソンが「ジャングル・ブック(1942)」のゾルタン・コルダ監督と協同脚色した1943年作品。

北アフリカ戦線で、部隊からとり残された戦車があった。生存していた三人の兵士は、活路を求めてトブルクへ向かう。そして行軍途中、英兵を拾い、更にはイタリア兵、ドイツ兵までも収容すが…………….。

途中で水が必要となり、やがてさまよう彼らは水のある廃墟にたどり着く。しかしそこは、ドイツ軍が間近にひかえる場所だった……。

1台の戦車隊の行軍を描いた戦争アクション。「廃墟の守備隊」(52年)「デザート・ストーム/新・サハラ戦車隊」(95年)は本作のリメイク。

《キャスト》
出演:ハンフリー・ボガート、ブルース・ベネット、ロイド・ブリッジス、レックス・イングラム、J・キャロル・ネイシュ、ダン・デュリエ
《スタッフ》
監督:ゾルタン・コルダ
脚本:ジョン・ハワード・ローソン、ゾルタン・コルダ
撮影:ルドルフ・マテ
音楽:ミクロス・ローザ

《作品データ》
原題:SAHARA
製作国:アメリカ
製作年:1943年
公開情報:劇場公開(セントラル)
初公開年月:1951/04/10
上映時間:97分
ジャンル:戦争/アクション
................................................ 

エクスペンダブルズ/シルヴェスター・スタローン

エクスペンダブルズ.jpeg
原題:THE EXPENDABLES
製作国:アメリカ
製作年:2010年
公開情報:劇場公開(松竹)
初公開年月:2010/10/16
上映時間:103分
ジャンル:アクション/サスペンス
おすすめ度:★★☆☆
 

《解説・コメント》
監督・主演を務めるシルヴェスター・スタローンが、ハリウッドのアクション映画を彩ってきたビッグ・スターたちを一堂に結集して撮り上げた痛快アクション大作。
 
自ら消耗品“エクスペンダブルズ”と名乗る命知らずの最強傭兵軍団が陰謀渦巻く軍事独裁政権の転覆に乗り出し、壮絶な死闘を繰り広げるさまを怒濤の超絶アクション満載で描き出す。
 
スタローンさんが、黒沢作品「七人の侍」を参考にしたらしく、そのメンバーは個性豊かで特殊能力もあり、どんな救出作戦でもこなしていける存在です。
 
これだけ集まれば何でも出来ちゃう感じです。正義感あふれる主人公が、一人の女性が気になり、敵地に乗り込むといったシンプルストーリーです。見どころはやはりその迫力。
 
「なんぼの火薬、使うねん」というほどそのの量は半端なものじゃなく圧倒ですね。スタローンさんも歳を感じさせませんでした。
 
そんな中、光っていたのがジェイソン・ステイサムさんやジェット・リーさんはまだまだアクションシーンは可能だと思い知らされました。

その他、豪華スターがーゾロリです。心に残るような作品ではありませんが、アクション好きな人にはピッタシ!代2弾も観たいところです。

「エクスペンダブルズ」
今なら期間限定にて無料でご覧になれます! 

⇒詳しくはこちらから

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


» AND MORE

Copyright © 嗚呼!懐かしのゴールデン映画劇場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます