SSブログ

コメディのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:コメディ

コメディのカテゴリ記事一覧。懐かしの洋画を中心に、新旧様々な作品の情報などをお伝えしています。
 Pinoy Sunday.png★..

コメディ
★ピノイ・サンデー ★【2009年 台湾/日本/フィリピン/フランス, チャンゲ・フィルムズ/レ・プティトゥ・ルミエール制作】<字幕スーパー> &l..

記事を読む

コメディ
 アカデミー受賞作品特集★トッツィー★《ストーリー》ホフマン扮する役者マイケルは才能はあるが仕事がない。そこで女装をしてオーディションを受け、昼メロで女優として..

記事を読む

最高の人生の見つけ方 .jpeg ..

コメディ
Huluで視聴できます!しかも、今なら無料視聴実施中!《ストーリー》勤勉実直な自動車整備工と、大金持ちの豪腕実業家。出会うはずのない二人が、人生の最後に病院の一..

記事を読む

コメディ
《ストーリー》 奔放な人生観を持つ1人のセクシーな画家をめぐって、3人の女性が繰り広げる複雑な恋模様を小粋に描いたラブコメディー。婚約者もいる真面目なビッキーと..

記事を読む

ケーブルガイ.jpeg《..

コメディ
《ストーリー》寂しがりのテレビ設置工が、気のいい青年と出会ったことから彼に執拗につきまとうようになる。いわゆるストーカーものだが、J・キャリーのオーバアクション..

記事を読む

フォー・ルームス.jpeg《..

コメディ
《ストーリー》新進気鋭の映画作家たち4人が協同し、それぞれが監督を務めた4話オムニバスのコメディ作品。舞台は大晦日の夜、ハリウッドの老舗ホテル・モンシニョール。..

記事を読む

Emma エマ.jpeg《..

コメディ
《ストーリー》イングランドの片田舎を舞台に、恋のキューピッドを任じる世間知らずのお嬢様が巻き起こす恋の騒動を描いた人間喜劇。ジェーン・オースティンの同名小説を原..

記事を読む

ダーク・シャドウ.jpeg《..

コメディ
《ストーリー》1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血の唇」(70)として映画化もされたゴシック・ソープオペラを、ティム・バートンとジョニー・デッ..

記事を読む

ニノチカ02.jpegニ..

コメディ
ニノチカ(1939)NINOTCHKA/★★★☆ 《解説&ストーリー》革命後のロシアから花の都パリへ、三人の役人がやってきた。彼らの使命は、貴族から没収した宝石..

記事を読む

ティファニーで朝食を02.jpegテ..

コメディ
ティファニーで朝食を(1961)BREAKFAST AT TIFFANY'S/★★★☆《解説&ストーリー》NYの安アパートに暮らすホリーの念願は、一流宝..

記事を読む

麗しのサブリナ01.jpeg麗..

コメディ
麗しのサブリナ(1954)SABRINA/★★★☆《解説&ストーリー》サブリナ・パンツという言葉を生んだスポーティなオードリーのスタイルが、前作「ローマの休日」..

記事を読む

パリで一緒に01.jpegパ..

コメディ
パリで一緒に(1963)PARIS - WHEN IT SIZZLES/★★★☆《解説&ストーリー》「フランス式十戒」のジュリアン・デュヴィヴィエと「愛情の瞬間..

記事を読む

おしゃれ泥棒01.jpeg ..

コメディ
 おしゃれ泥棒(1966)HOW TO STEAL A MILLION/★★★☆《解説&ストーリー》ジョージ・ブラッドショウの原作を「ピラミッド(1955)」の..

記事を読む

キスキス, バンバン.jpegキ..

コメディ
キスキス, バンバン(2005)KISS KISS, BANG BANG/★★★☆《解説・ストーリー》「リーサル・ウェポン」「ラスト・ボーイスカウト」などを手掛..

記事を読む

エド・ウッド.jpeg ..

コメディ
 エド・ウッド(1994)ED WOOD/★★★☆《解説・ストーリー》史上最低の映画監督と呼ばれたエド・ウッド。彼の作品の評価は悲惨なものだったが、それを遥かに..

記事を読む

ピノイ・サンデー / Pinoy Sunday

 Pinoy Sunday.png
★ピノイ・サンデー ★

【2009年 台湾/日本/フィリピン/フランス, チャンゲ・フィルムズ/レ・プティトゥ・ルミエール制作】
<字幕スーパー> <レターボックスサイズ>
2011/10/6(木) 13:00~14:30 BSプレミアム(3ch.)

【ストーリー】
フィリピン人出稼ぎ労働者であるダドとマヌエルは、故国に家族を残し、寂しく、泣ける気持ちを抱えながらも、多くの同僚たちとともに台湾の台北の工場で働いている。ある日、2人は道端に捨てられたソファーを見つけ、それを工場の寮まで運ぼうと考える。そして、この捨てられていたソファーが、2人に極上の時間をもたらしてくれるに違いなと考えるのだが............。遠い異国の地でたくましく生きる素朴で素直なフィリピン人たちの姿をコメディータッチで描く。NHK国際共同制作作品。

【出演】エピィ・キソン,バヤニ・アグバヤニ,アレッサンドラ・デ・ロッシ,メリル・ソリアーノ
【脚本】ウィ・ディン・ホー,アジェイ・バラクリシュナン
【監督】ウィ・ディン・ホー

トッツィー/ダスティン・ホフマン

 アカデミー受賞作品特集
imgres-9.jpeg

★トッツィー★

《ストーリー》
ホフマン扮する役者マイケルは才能はあるが仕事がない。そこで女装をしてオーディションを受け、昼メロで女優としてデビューすることに。ところが共演女優に言い寄られ……。「愛と哀しみの果て」などで知られる社会派監督シドニー・ポラックが、軽妙なタッチで男女差別の実態やフェミニズムの主張を、さり気なく描いた快作。ホフマンは「ガンジー」のベン・キングズレーの前に惜しくもオスカーを逃したが、相手役ジェシカ・ラングは助演女優賞に輝き、演技派としての地位を確立した。

《キャスト》
出演:ダスティン・ホフマン、ジェシカ・ラング、テリー・ガー、ダブニー・コールマン、チャールズ・ダーニング、ビル・マーレイ、ジョージ・ゲインズ、シドニー・ポラック、ジーナ・デイビス

《スタッフ》
監督:シドニー・ポラック
製作:シドニー・ポラック、ディック・リチャーズ
原作:ラリー・ゲルバート、ドン・マクガイア
撮影:オーウェン・ロイズマン
音楽:デイブ・グルーシン

《作品データ》
原題:Tootsie
製作国:1982年アメリカ映画
上映時間:113分

[DVD] トッツィー

 

..........................................................................
 

最高の人生の見つけ方/ジャック・ニコルソン

最高の人生の見つけ方 .jpeg

《ストーリー》
勤勉実直な自動車整備工と、大金持ちの豪腕実業家。出会うはずのない二人が、人生の最後に病院の一室で出会った。家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきたカーター、そして、お金だけは腐るほどあるものの見舞い客は秘書だけというエドワード。お互いに人生の期限を言い渡されたという以外、共通点は何もない。
 
そんな二人を結びつけたのは、一枚のリスト。棺おけに入る前にやっておきたいことを書き出した バケット・リスト…。「荘厳な景色を見る」「赤の他人に親切にする」「涙が出るほど笑う」… と、カーターは書いた。「スカイダイビングをする」「ライオン狩りに行く」「世界一の美女にキスをする」… と、エドワードが付け加えた!そうして始まった二人の生涯最後の冒険旅行。
 
人生でやり残したことを叶えるために。棺おけに後悔を持ち込まないために。そして、最高の人生だったと心の底から微笑むために。残された時間は6か月。でも、まだ決して遅くない―!
 
2大オスカー俳優ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが初共演を果たした人間ドラマ。監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。

《キャスト》
出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー、ビバリー・トッド
《スタッフ》
監督:ロブ・ライナー
脚本:ジャスティン・ザッカム
製作総指揮:トラビス・ノックス、ジェフリー・ストット、ジャスティン・ザッカム
製作:クレイグ・ゼイダン、ニール・メロン、アラン・グライスマン、ロブ・ライナー
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:マーク・シェイマン
美術:ビル・ブルゼスキー
《作品データ》
原題:The Bucket List
製作国:2007年アメリカ映画
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:97分

 

 

...............................................................................................
おすすめサイト
■野菜嫌いなお子様におすすめです!
■古米を美味しく炊ける方法教えます!
■野菜は子供にとっての栄養成分があります!

それでも恋するバルセロナ/ウッディ・アレン

それでも恋するバルセロナ.jpeg

《ストーリー》 

奔放な人生観を持つ1人のセクシーな画家をめぐって、3人の女性が繰り広げる複雑な恋模様を小粋に描いたラブコメディー。婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家フアン・アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。しかし、そこへ画家の美しい元妻が現れ……。

ウッディ・アレン監督が、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデムを主演にスペインで撮影し、ペネロペ・クルスが第81回アカデミー助演女優賞を受賞。

《キャスト》
出演:スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケビン・ダン、クリス・メッシーナ、ザック・オース、キャリー・プレストン、パブロ・シュライバー、クリストファー・エバン・ウェルチ、ホアン・ケセダ、エミリオ・デ・ベニート、マネロ・バルセロ、ホセ・マリア・ドメネック
《スタッフ》
監督・脚本:ウッディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン、ギャレス・ワイリー、スティーブン・テネンバウム
製作総指揮:ハウメ・ロウレス
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
美術:アラン・バネ
編集:アリサ・レプセルター
《作品データ》
原題:Vicky Cristina Barcelona
製作国:2008年アメリカ・スペイン合作映画
配給:アスミック・エース
上映時間:96分
..........................................................................
【子供の野菜嫌いでお困りの方へ】 


 

 

ケーブルガイ/ジム・キャリー

ケーブルガイ.jpeg

《ストーリー》
寂しがりのテレビ設置工が、気のいい青年と出会ったことから彼に執拗につきまとうようになる。いわゆるストーカーものだが、J・キャリーのオーバアクションが楽しめる異色コメディに仕上がった。友情の押し売りに辟易するM・ブロデリックの好演も光る。ちなみに、ケーブルガイとはスラングで迷惑な奴という意味があるそうです。

《キャスト》
出演:ジム・キャリー、マシュー・ブロデリック、レスリー・アン、ジョージ・シーガル、ダイアン・ベイカー、エリック・ロバーツ、ジャニーン・ガラファロ、ジャック・ブラック
《スタッフ》
製作:アンドリュー・リクト、ジェフリー・A・ミューラー、ジャッド・アパトウ
監督:ベン・スティラー
脚本:ジュディー・アパトウ
撮影:ロバート・ブリンクマン
音楽:ジョン・オットマン
《作品データ》
原題:THE CABLE GUY
製作国:1996年アメリカ映画
上映時間:95分

フォー・ルームス/ティム・ロス

フォー・ルームス.jpeg

《ストーリー》
新進気鋭の映画作家たち4人が協同し、それぞれが監督を務めた4話オムニバスのコメディ作品。舞台は大晦日の夜、ハリウッドの老舗ホテル・モンシニョール。かつての豪華ホテルも今では衰退の一途を辿っていた。

体を張ったコメディとギャグシーンで、新米ベルボーイ、テッドの身に起きる災難とドタバタ劇を描く。出勤初日の夜、宿泊していた魔女たちの儀式を手伝わされるテッドだが…。

《キャスト》
出演: ティム・ロス、バレリア・ゴリノ、マドンナ、リリ・テイラー、サミ・デイビス、アイオン・スカイ、アマンダ・デ・カディネット、ジェニファー・ビールス、デビッド・プローバル、アントニオ・バンデラス、タムリン・トミタ、ブルース・ウィリス、クエンティン・タランティーノ
《スタッフ》
製作総指揮・監督・脚本:クエンティン・タランティーノ、アレクサンダー・ロックウェル
監督・脚本:アリソン・アンダース、ロバート・ロドリゲス
撮影:ロドリゴ・ガルシア、フィル・パーメット、ギレルモ・ナバロ、アンジェイ・セクラ
美術:メイン・キューラー
《作品データ》
原題:FOUR ROOMS
製作国:1995年アメリカ映画
上映時間:99分

Emma エマ/グウィネス・パルトロウ

Emma エマ.jpeg

《ストーリー》
イングランドの片田舎を舞台に、恋のキューピッドを任じる世間知らずのお嬢様が巻き起こす恋の騒動を描いた人間喜劇。ジェーン・オースティンの同名小説を原作に、良家の子女エマが他人の恋路におせっかいを焼きつつ成長し、自分自身の愛も見つけていくさまを描く。
 
19世紀のイギリス南部、ハイベリー。親友ハリエットの結婚相手としてエルトン牧師に白羽の矢をたてたエマだったが、義兄ナイトリーの言った通り、悲惨な結果に。ハリエットの幸せを願うエマは、また別のお相手を見つけるが…。グウィネス・パルトロウの映画初主演作。
 
《キャスト》
出演:グウィネス・パルトロウ、トニ・コレット、アラン・カミング、ユアン・マクレガー、ジェレミー・ノーザム、ポリー・ウォーカー
《スタッフ》
監督:ダグラス・マクグラス 
脚本:ダグラス・マクグラス 
原作:ジェーン・オースティン 
製作:スティーヴン・ハフト、パトリック・カサヴェッティ 
撮影:イアン・ウィルソン 
美術:マイケル・ハウエルズ 
音楽:レイチェル・ポートマン 
編集:レスリー・ウォーカー 
衣裳デザイン:ルース・マイヤーズ 
《作品データ》
原題:Emma
製作年:1996年
製作国:イギリス 
配給:松竹富士配給

ダーク・シャドウ/ジョニー・デップ

ダーク・シャドウ.jpeg

《ストーリー》
1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血の唇」(70)として映画化もされたゴシック・ソープオペラを、ティム・バートンとジョニー・デップが8度目のタッグで新たに映画化。

イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバスは、魔女アンジェリークによってヴァンパイアにされてしまった上に、生きたまま埋められてしまう。その後、ふとしたことで彼は200年の眠りから目覚めるが、コリンズ家はすっかり落ちぶれていた。

バーナバスは、コリンズ家再建を末裔と成し遂げるべく、自らの父の言葉である「唯一の財産は家族」を胸に行動を起こす... ティム・バートン監督とジョニー・デップが8度目のタッグを組んだダーク・ファンタジー・コメディ。

《キャスト》
出演:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム・カーター、エバ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ベラ・ヒースコート、ガリバー・マクグラス、クリストファー・リー、アリス・クーパー
《スタッフ》
監督:ティム・バートン
製作:リチャード・D・ザナック、グレアム・キング、ジョニー・デップ、クリスティ・デンブロウスキー、デビッド・ケネディ
製作総指揮:クリス・レベンゾン、ナイジェル・ゴステロウ、ティム・ヘディントン、ブルース・バーマン
原作:ダン・カーティス
原案:ジョン・オーガスト、セス・グラハム=スミス
脚本:セス・グラハム=スミス
撮影:ブリュノ・デルボネル
美術:リック・へインリックス
編集:クリス・レベンゾン
衣装:コリーン・アトウッド
音楽:ダニー・エルフマン
《作品データ》原題:Dark Shadows
製作国:2012年アメリカ映画
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:113分
映倫区分: PG12

ニノチカ/グレタ・ガルボ

ニノチカ02.jpeg
ニノチカ(1939)
NINOTCHKA/★★★☆
 
《解説&ストーリー》
革命後のロシアから花の都パリへ、三人の役人がやってきた。彼らの使命は、貴族から没収した宝石を売り払うことにある。それを知った亡命婦人は、恋人(ダグラス)に命じて、三人に取り入らせる。
 
不信をいだいたロシア政府は、ニノチカという名の女闘士(ガルボ)を派遣した。コチコチの共産主義者である彼女は、亡命婦人の恋人の魅力にも懐柔されないかに思えたが……。共産主義のかかえる人間性の問題を笑い飛ばした、ルビッチのロマンチック・コメディ。「絹の靴下」は本作のリメイクにあたる。<allcinema>
 
ニノチカ.jpeg
 
《キャスト》
出演:グレタ・ガルボ、メルヴィン・ダグラス、アイナ・クレアー、ベラ・ルゴシ、シグ・ルーマン
《スタッフ》
監督:エルンスト・ルビッチ    
製作:エルンスト・ルビッチ    
原案:メルキオール・レングィエル    
脚本:ビリー・ワイルダー、チャールズ・ブラケット、ウォルター・ライシュ    
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ    
音楽:ウェルナー・リヒャルト・ハイマン
《作品データ》
原題:NINOTCHKA
製作国:アメリカ
製作年:1939年
公開情報:劇場公開(セントラル)
初公開年月:1949/11/08
上映時間:110分
ジャンル:コメディ/ロマンス

是非ご覧ください

   ↓
【総額2500円以上送料無料】ニノチカ/グレタ・ガルボ

ティファニーで朝食を/オードリー・ヘプバーン

ティファニーで朝食を02.jpeg
ティファニーで朝食を(1961)
BREAKFAST AT TIFFANY'S/★★★☆

《解説&ストーリー》
NYの安アパートに暮らすホリーの念願は、一流宝石店ティファニーのようなところで暮らすこと。だからホリーの日課はティファニーのショー・ウィンドウを見ながら、朝食のクロワッサンを食べることだった。

ある日彼女のアパートの隣室に、作家志望の青年ポールが越してきた。ポールはたちまち、不思議な魅力をもつホリーに惹かれていくのだった………….。どこまでも魅力的なヘプバーンとペパードの都会派センスが溢れる洒落たラブ・ストーリー。

この映画でティファニーの名は一躍世界に知られるようになる。また、H・マンシーニの名曲“ムーンリバー”もヒットのきっかけとなる。なんといっても所々に出るヘプバーンの可愛いしぐさがたまりません。
 
ティファニーで朝食を.jpeg   ティファニーで朝食を03.jpeg  
 
《キャスト》
出演:オードリー・ヘプバーン、ジョージ・ペパード、ミッキー・ルーニー、パトリシア・ニール、マーティン・バルサム、バディ・イブセン
《スタッフ》
監督:ブレイク・エドワーズ
製作:マーティン・ジュロー、リチャード・シェファード
原作:トルーマン・カポーティ
脚本:ジョージ・アクセルロッド
撮影:フランツ・プラナー
作詞:ジョニー・マーサー
音楽:ヘンリー・マンシーニ
《作品データ》
原題:BREAKFAST AT TIFFANY'S
製作国:アメリカ
製作年:1961年
公開情報:劇場公開(PAR)
初公開年月:1961/11/04
上映時間:114分
ジャンル:ロマンス/コメディ
 
 

麗しのサブリナ/オードリー・ヘプバーン

麗しのサブリナ01.jpeg
麗しのサブリナ(1954)
SABRINA/★★★☆

《解説&ストーリー》
サブリナ・パンツという言葉を生んだスポーティなオードリーのスタイルが、前作「ローマの休日」とはまた違って魅力的な、B・ワイルダー監督作品。原作はS・テイラーの舞台劇。

玉の輿路線は相変わらずだが、それが少女小説の永遠のテーマというもの。大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナは、一家の次男デヴィッドに失恋し、二年をパリの花嫁学校で送る。

しかし、帰ってきた時には見違えるようなシックな令嬢となっており、デヴィッドをドギマギさせる。彼女に夢中な弟を心配した長男のライナスは仕事一筋のマジメ男だが、彼までサブリナの虜となって……というお話。

いささか歳は喰っているがボギーがやっぱり素敵です。心優しい彼にサブリナならずとも結局、女性は夢中になるはずだ。パンツから艶やかなドレス姿に……。それはまさに現代のシンデレラ物語。有名なシャンソン“バラ色の人生”が主題歌。後に「サブリナ」としてリメイクされる。<allcinema>

《キャスト》
出演:オードリー・ヘプバーン、ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデン、ジョン・ウィリアムズ、フランシス・X・ブッシュマン 、マーサ・ハイヤー
《スタッフ》
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原作:サミュエル・テイラー
脚本:ビリー・ワイルダー、サミュエル・テイラー
アーネスト・レーマン
撮影:チャールズ・ラング・Jr
音楽:フレデリック・ホランダー
《作品データ》
原題:SABRINA
製作国:アメリカ
製作年:1954年
公開情報:劇場公開(PAR)
初公開年月:1954/09/17
上映時間:113分
ジャンル:ロマンス/コメディ
映倫:G
 
 

パリで一緒に/オードリー・ヘプバーン

パリで一緒に01.jpeg
パリで一緒に(1963)
PARIS - WHEN IT SIZZLES/★★★☆

《解説&ストーリー》
「フランス式十戒」のジュリアン・デュヴィヴィエと「愛情の瞬間」のアンリ・ジャンソンの原案を「影なき狙撃者」のジョージ・アクセルロッドが脚色、「逢うときはいつも他人」のリチャード・クワインが演出したロマンチック・コメディ。

脚本家ベンソンとタイピストのガブリエルが、新作の脚本のために2人でアイデアを出し合いながら作業するうちに惹(ひ)かれあっていく姿を描き、永遠の妖精オードリー!世界の恋人ヘプバーンがパリ中のおしゃれと花と香水がオードリーをつつみます。

シナリオを書き進むに連れ、シナリオの場面が映画となって展開していくというユニークな構成で、ウィリアム・ホールデンとヘプバーンが劇中劇の登場人物にもふんし、彼らのさまざまな顔が楽しめる。

《キャスト》
出演:ウィリアム・ホールデン、オードリー・ヘプバーン、トニー・カーティス、ノエル・カワード、マレーネ・ディートリッヒ
《スタッフ》
監督:リチャード・クワイン
製作:リチャード・クワイン、ジョージ・アクセルロッド
原作:ジュリアン・デュヴィヴィエ、アンリ・ジャンソン
脚本:ジョージ・アクセルロッド
撮影:チャールズ・ラング
音楽:ネルソン・リドル
《作品データ》
原題:PARIS - WHEN IT SIZZLES
製作国:アメリカ
製作年:1963年
公開情報:劇場公開(PAR)
初公開年月:1964/05/30
上映時間:110分
ジャンル:コメディ
 
 

おしゃれ泥棒/オードリー・ヘプバーン

おしゃれ泥棒01.jpeg 
おしゃれ泥棒(1966)
HOW TO STEAL A MILLION/★★★☆

《解説&ストーリー》
ジョージ・ブラッドショウの原作を「ピラミッド(1955)」のハリー・カーニッツが脚色し「コレクター」のウィリアム・ワイラーが演出したオトナのコメディー。

美術品収集家シャルルは、贋作(がんさく)画家。そのコレクションは偽物ばかりだ。ある日、私立探偵デルモットは、贋作の調査を美術商から依頼される。シャルルの家に忍び込んだデルモットは、シャルルの娘ニコルに出会って一目ぼれ。

一方のニコルは、デルモットを泥棒だと思い込み、父が所有する贋作を盗むように依頼するのだが…。

《キャスト》
出演:オードリー・ヘプバーン、ピーター・オトゥール、イーライ・ウォラック、ヒュー・グリフィス、シャルル・ボワイエ、マルセル・ダリオ
《スタッフ》
監督:ウィリアム・ワイラー,製作:フレッド・コールマー,原作:ジョージ・ブラッドショウ,脚本:ハリー・カーニッツ,撮影:チャールズ・ラング,音楽:ジョニー・ウィリアムズ
《作品データ》
原題:HOW TO STEAL A MILLION
製作国:アメリカ
製作年:1966年
公開情報:劇場公開(FOX)
初公開年月:1966/11/12
上映時間:126分
ジャンル:コメディ
 
 

キスキス, バンバン/ロバート・ダウニー・Jr

キスキス, バンバン.jpeg
キスキス, バンバン(2005)
KISS KISS, BANG BANG/★★★☆

《解説・ストーリー》
「リーサル・ウェポン」「ラスト・ボーイスカウト」などを手掛けた人気脚本家シェーン・ブラックが自ら初の監督も務めたクライム・アクション・コメディ。ひょんなことからコンビを組むことになったコソ泥とゲイの私立探偵がミステリアスな事件に巻き込まれていくさまを、往年のハードボイルドのエッセンスをふんだんに盛り込み軽妙に綴る。主演は「チャーリー」のロバート・ダウニー・Jrと「ドアーズ」のヴァル・キルマー。

ハリー(ロバート・ダウニー・Jr)はNYのしがない泥棒。警察に追われていた彼は、探偵映画のオーディションに迷い込み、ハリウッドでスクリーンテストを受けることに。ロスでゲイの私立探偵ペリー(ヴァル・キルマー)に弟子入りした矢先、初恋の相手で幼馴染みのハーモニー(ミシェル・モナハン)に再会。やがて、彼女の妹が不可解な自殺を遂げ、ミステリアスな殺人事件が幕を開ける。3時間に死体が3体! きっかけは甘いKissでも最後はBang!?

腹が痛くなるほど笑って、ちょいとわかりにくいが謎解きに挑戦して、プロポーション抜群のブロンド美女の裸が見れて、最後にちょっとアクションも見られるという、ハリウッドらしい娯楽の詰め合わせ作品です。やや大人向けな内容で充分楽しめる一本です。

《キャスト》
出演:ロバート・ダウニー・Jr,ヴァル・キルマー,ミシェル・モナハン,コービン・バーンセン,ダッシュ・ミホク
《スタッフ》
監督:シェーン・ブラック
製作:ジョエル・シルヴァー
製作総指揮:スーザン・レヴィン
スティーヴ・リチャーズ
原作:ブレット・ハリデイ
脚本:シェーン・ブラック
撮影:マイケル・バレット
編集:ジム・ペイジ
音楽:ジョン・オットマン
《作品データ》
原題:KISS KISS, BANG BANG
製作国:アメリカ
製作年:2005年
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2006/04/08
上映時間:103分
ジャンル:コメディ/犯罪/アクション
 

エド・ウッド/ジョニー・デップ

エド・ウッド.jpeg 
エド・ウッド(1994)
ED WOOD/★★★☆

《解説・ストーリー》
史上最低の映画監督と呼ばれたエド・ウッド。彼の作品の評価は悲惨なものだったが、それを遥かに上回る映画への情熱と楽観的な要領の良さで、B級映画を撮りつづけた。オーソン・ウェルズに憧れ、ハリウッドでの成功を夢見て映画に賭ける彼の純真な姿を現代ハリウッド最高の映画監督の一人ティム・バートンが愛情たっぷりに、そしてユーモラスに描いた最高傑作。

50年代のハリウッドが舞台。スタジオの片隅で使い走りをしながら、映画監督になる日を夢見て働いていた映画青年エドは、ある日業界誌に載った性転換をした男性の物語の映画化を知り、矢も楯もたまらずそのプロデュサーのもとへ押しかけた。

本物の服装倒錯者だったエドは、シナリオを3日間で書き上げ、ふとしたきっかけで知り合った往年のドラキュラ俳優、ベラ・ルゴシを出演させることを条件に資金を調達、その映画「グレンとグレンダ」で監督デビューを飾るが……。心から映画を愛し、夢を追い続け、そして史上最低の映画監督と謳われた男エド・ウッド。

お堅い伝記作品というよりも、自身も彼の同類であると自認する製作・監督のティム・バートンが、そんな彼のキャラクターに重点を置き、ユーモアを持って、実に温かい目で描いた秀作。<allcinema>

《キャスト》
出演:ジョニー・デップ,マーティン・ランドー,サラ・ジェシカ・パーカー,パトリシア・アークエット,ジェフリー・ジョーンズ,G・D・スプラドリン,ヴィンセント・ドノフリオ,ビル・マーレイ
《スタッフ》
監督:ティム・バートン
製作:デニーズ・ディ・ノヴィ,ティム・バートン
脚本:スコット・アレクサンダー,ラリー・カラゼウスキー
撮影:ステファン・チャプスキー
音楽:ハワード・ショア
《作品データ》
原題:ED WOOD
製作国:アメリカ
製作年:1994年
公開情報:劇場公開(ブエナ)
初公開年月:1995/06/
上映時間:124分
ジャンル:伝記
 
 
 
 
Copyright © 嗚呼!懐かしのゴールデン映画劇場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます