SSブログ

犯罪ドラマのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:犯罪ドラマ

犯罪ドラマのカテゴリ記事一覧。懐かしの洋画を中心に、新旧様々な作品の情報などをお伝えしています。
アウトレイジ ビヨンド.jpeg ..

犯罪ドラマ
 アウトレイジ ビヨンド 製作国:日本製作年:2012年公開情報:劇場公開(ワーナー=オフィス北野)初公開年月:2012/10/06上映時間:112分ジャンル:..

記事を読む

imgres.jpg ..

犯罪ドラマ
 ジャッキー・ブラウン 原題:JACKIE BROWN製作国:アメリカ製作年:1997年公開情報:劇場公開(松竹富士)初公開年月:1998/04/上映時間:15..

記事を読む

犯罪ドラマ
 グッドフェローズ  原題:GOODFELLAS製作国:アメリカ製作年:1990年公開情報:劇場公開(WB)初公開年月:1990/10/19上映時間:145分..

記事を読む

犯罪ドラマ
今週のBSは、続々ときますね!この懐かしの映画を見ない手はありません。今日ご紹介するのはフランス映画。そうなんです、アランドロンさんの主演作品です。 ↓プレミア..

記事を読む

sting03.jpg原..

犯罪ドラマ
原題:THE STINGメディア 映画製作国:アメリカ製作年:1973年公開情報:劇場公開(CIC)初公開年月:1974/06/15上映時間:129分ジャンル:..

記事を読む

wiolf.jpg原..

犯罪ドラマ
原題:THE WOLF OF WALL STREET製作国:アメリカ製作年:2013年公開情報:劇場公開(パラマウント)初公開年月:2014/01/31上映時間..

記事を読む

departed.jpg原..

犯罪ドラマ
原題:THE DEPARTED製作国:アメリカ製作年:2006年公開情報:劇場公開(ワーナー)初公開年月:2007/01/20上映時間:152分ジャンル:サスペ..

記事を読む

アウトレイジ ビヨンド/北野武

アウトレイジ ビヨンド.jpeg
 アウトレイジ ビヨンド 
製作国:日本
製作年:2012年
公開情報:劇場公開(ワーナー=オフィス北野)
初公開年月:2012/10/06
上映時間:112分
ジャンル:犯罪/ドラマ/アクション
映倫:R15+
 
おすすめ度:★★☆☆☆ 
 
《解説・ストーリー》
北野武監督が豪華キャストを起用してヤクザ社会の壮絶な抗争劇を描いた「アウトレイジ」の続編。前作から5年後を舞台に、さらなる陰謀と裏切りがついには関西ヤクザとの一大抗争へと発展していく様を迫力のバイオレンス描写とともに描き出す。
 
出演は前作からの続投組となるビートたけし、三浦友和、加瀬亮、小日向文世らに加え、西田敏行、松重豊、高橋克典、桐谷健太らが新たに参加。

北野さんらしい作品です。「何処まで来たな口たたくねん」って感じです。大阪人でも使わん口調が面白いのと、普段、お笑いにほぼ近い俳優さんが、いくら強面しても迫力はありませんね。
 
ただ、北野さんは何をしでかすか分からない人だけに、やっぱり怖いですね。「梅ちゃん先生」の高橋さん。やっぱりドラマのイメージあるので「ぷっ」と来ます。最後に終わり方が、どないかなれへんのか?でした。
 
アウトレイジ(outrage)とは、侮辱非道などに対する、激怒!合ってますかね。 

★ストーリー
熾烈な下克上を制して加藤が関東一円を取り仕切る巨大ヤクザ組織“山王会”のトップに上り詰めてから5年。
 
加藤は大友組の金庫番だった石原を若頭に抜擢し、その勢力をさらに拡大させていた。しかし内部では、若手を重用する加藤に古参幹部の不満がくすぶり始めていた。
 
そこに目を付けたマル暴の刑事・片岡は、山王会の古参幹部を関西の巨大暴力団“花菱会”に引き合わせ、均衡を保っていた2大勢力に揺さぶりを掛ける。
 
その一方で、片岡自ら噂を広めて獄中で死んだことになっていた大友を仮出所させる。そして足を洗おうと考えていた大友を再び抗争の渦中へと巻き込んでいくのだが…。
 
《キャスト》
ビートたけし/元大友組組長 大友
西田敏行/花菱会若頭 西野
三浦友和/山王会会長 加藤
加瀬亮/山王会若頭 石原
小日向文世/刑事 片岡
高橋克典/花菱会 城
中尾彬/山王会古参幹部 富田
神山繁/花菱会会長 布施

《スタッフ》
監督:北野武
プロデューサー:森昌行
脚本:北野武
撮影:柳島克己
音楽:鈴木慶一
 
応援宜しくお願いします 
 ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 



ジャッキー・ブラウン/クエンティン・タランティーノ

imgres.jpg ジャッキー・ブラウン 
原題:JACKIE BROWN
製作国:アメリカ
製作年:1997年
公開情報:劇場公開(松竹富士)
初公開年月:1998/04/
上映時間:155分
ジャンル:ドラマ/犯罪
おすすめ度: ★★★☆☆ 

《解説・感想》
「すべてのカタは彼女がツケる。」というキャッチフレーズ。 
 
クエンティン・タランティーノが贈る、クセ者スター勢揃いと70年代テイストを前面に押し出したコメディサスペンス。
 
中年スチュワーデスのジャッキー・ブラウンが、武器密売人と警察を向こうに回し、一獲千金の大博打に出る姿を、コミカルに描いています。 

ひょんなことから逮捕されたジャッキー・ブラウンは、捜査官レイに密売人オデールの逮捕に協力するよう強要される.

このあたりから、映画が始まったという感じです。そしてテンポアップしていきます。

劇中の登場人物のやり取りの中に、所々に落とし穴があったり、トリックがあったりでしっかり観ていなければ、まったくもって最後までストーリーの展開が分かりません。
 
結局、ストーリーは終わるのですが、いったい何処でこうなったかはもう一度観なけりゃ分かりませんでした。
 
どうも途中でうたた寝していたかもしれません。

確かにおもしろみはありましたね。デニーロが脇役のようにも見えましたが、その存在感はさすがです。
 
まあ、大物のくせ者スターを見物できるのですから観る価値はありますね。
  ↓ ↓ ↓ 
「ジャッキー・ブラウン」今ならHuluで無料にてご覧になれます!但し、期間限定!
 
応援宜しくお願いします 
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ   

» 続きを読む

グッドフェローズ/ジョー・ペシ

グッドフェロー03.jpg  グッドフェローズ 
原題:GOODFELLAS
製作国:アメリカ
製作年:1990年
公開情報:劇場公開(WB)
初公開年月:1990/10/19
上映時間:145分
ジャンル:ドラマ/犯罪
おすすめ度:★★★★★

《解説・コメント》
少年の頃からギャングに憧れ、その仲間入りを果たした一人の男の半生を通してマフィアの実態を描いたスコセッシ監督の力作。

ストーリーは実話を基に製作されている。当時のヒットナンバー を背景に、主人公のモノローグを織り込みながらの素早いカットでシーンを次々とつなぐので、映画は快調なテンポで進みます。
「ゴッドファーザー」路線とはまた違う「決して組織の頂点には立てない男たち」を描ききっったところが、私は好きです。

主人公R・リオッタを始め、仲間のJ・ペシ(アカデミー助演男優賞受賞)、ボス格の P・ソルビノ、そしてやり手の先輩デ・ニーロらそれぞれの際立った個性の調和も良い感じです。

「グッドフェローズ」
今なら期間限定にて無料でご覧になれます! 
⇒詳しくはHuluで今すぐチェック!

応援宜しくお願いします 
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

» 続きを読む

危険がいっぱい/アラン・ドロン

今週のBSは、続々ときますね!
この懐かしの映画を見ない手はありません。今日ご紹介するのはフランス映画。
そうなんです、アランドロンさんの主演作品です。
 ↓
プレミアムシネマ「危険がいっぱい」<字幕スーパー><レターボックスサイズ>
2013年7月17日(水) 13時00分~14時45分  BSプレミアム


危険がいっぱい03.jpg原題:LE CRIME ET SES PLAISIRS 
   THE LOVE CAGE
製作国:フランス
製作年:1964年
公開情報:劇場公開(MGM)
初公開年月:1964/06/13
上映時間:99分
ジャンル:犯罪/ドラマ
おすすめ度:★★★☆☆

 《解説・コメント》
デイ・キーンの小説『喜びの家』を題材に、ルネ・クレマン監督&アラン・ドロン主演コンビで、ジェーン・フォンダを相手役に迎えた小粋なサスペンスドラマ。

撮影は「シベールの日曜日」のアンリ・ドカエ、音楽はラロ・シフリンが担当した。製作は「地下室のメロディー」のジャック・バール。黒白・フランスコープ。

アラン・ドロンさんにコミカルさがうける作品かもしれません。ジェーン・フォンダさんこの頃はセクシーで素晴らしいですねフランス女優に勝ってます。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

» 続きを読む

スティング/ロバート・レッドフォード

sting03.jpg
原題:THE STING
メディア 映画
製作国:アメリカ
製作年:1973年
公開情報:劇場公開(CIC)
初公開年月:1974/06/15
上映時間:129分
ジャンル:コメディ/犯罪
映倫:G
おすすめ度:★★★★★


《解説・コメント》
殺された仲間の復しゅうのため、ギャングの大親分に挑んだ詐欺師たちの、粋で華麗なイカサマ作戦を描く傑作犯罪ドラマ。

「明日に向かって撃て!」のジョージ・ロイ・ヒル監督が、主演のポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードの名コンビと再び組んだ大ヒット作。共演は、ロバート・ショウ


二転三転する軽妙かつスリリングな物語展開と、リズミカルな脚本とテンポ抜群の演出は、これぞエンターテイメント。

1930年代のムードを盛り上げるテーマ曲から衣装までもが魅力満載でした。ゴンドルフが列車の中でロネガンにポーカーを使ってイカサマを仕掛けるスリル満点のシーンや、ラスト近く、ロネガンがノミ屋で馬券を買う迄のくだりなど、まさに名シーンがどっさり。

そして、私がもっとも度肝を抜かれたのは、意表をついたラストのドンデン返しでした。「えええっ!」って感じでした。この作品にはそのどれもが文句なく素晴らしい娯楽映画の大傑作!パーフェクト賞をあげたいぐらいです。

アカデミー作品賞をはじめ計7部門受賞したのも納得。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





» 続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート/レオナルド・ディカプリオ

wiolf.jpg原題:THE WOLF OF WALL STREET
製作国:アメリカ
製作年:2013年
公開情報:劇場公開(パラマウント)
初公開年月:2014/01/31
上映時間:179分
ジャンル:ドラマ/伝記/コメディ
おすすめ度:★★★☆


《解説・コメント》
1980~90年代の“ウォール街のウルフ”と呼ばれた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回顧録『ウォール街狂乱日記』をマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演コンビで映画化したピカレスク伝記ドラマ。

ちなみに「ピカレスク」とは悪漢小説、悪者小説などと訳されるそうです。

20代で億万長者にのし上がり、30代で逮捕されるまでのあまりにも破天荒すぎる栄光と転落の物語を描く。共演はジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー。

80年代後半のウォール街。証券マンのジョーダン・ベルフォートは26歳で会社を設立すると、富裕層をカモにそのモラルなき巧みなセールストークで、瞬く間に会社を社員700人の大企業へと成長させる。

見ていてぶったまげでした。
「アメリカン・ドリーム」なんて言葉を、よく耳にしますがまさに、この作品はそれを物語ってます。

3時間近くある作品は、ストーリーの運びもよく途中でだれることなく最後まで楽しめました。ただ、かなり下品ですけど………。

見終わって思うことは、人間の欲って限りがなく、その成功は時として人生を大きく変えてしまうんですね。

本作でディカプリオが演じるベルフォートも若い頃は証券会社で「自分ももうけて、顧客ももうけさせる」と思っていたと言ったシーンもありますが、自分で会社を建ててからの彼は驚くべき変貌でした。

ドラッグと、セックスとパーティに明け暮れた彼のクレイジーな豪遊ライフ!
その破廉恥な毎日が凄い!  

あんな生活は、出来ないまでも誰もが一度は経験してみたいものではないのでしょうかね。

私が気に入ったのは、二人目の嫁さん役のマーゴット・ロビーのセクシーさと、ベルフォートとの離婚を決意したナオミ役マーゴット・ロビーがセックスに応じるシーン。これはかなり印象的でしたね。

いずれにせよ良い夢見させて頂きました。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 

» 続きを読む

ディパーテッド/レオナルド・ディカプリオ

departed.jpg原題:THE DEPARTED
製作国:アメリカ
製作年:2006年
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2007/01/20
上映時間:152分
ジャンル:サスペンス/ドラマ/犯罪
映倫:R-15
おすすめ度:★★★★☆


《解説・コメント》 
大ヒット香港ノワール「インファナル・アフェア」をハリウッドの豪華スタッフ・キャストでリメイクした犯罪サスペンス。

警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男、そんな対照的な2人を待ち受ける皮肉な運命を、重厚かつリアリティあふれる演出でスリリングに描き出す。

主演はレオナルド・ディカプリオとマット・デイモン、共演にジャック・ニコルソン。監督は「グッドフェローズ」「アビエイター」のマーティン・スコセッシ。

インファナル・アフェアに忠実なリメイクバージョンでした。スピーディーな展開とスリリングな緊張感が漂います。

前作との細かい変更点はさすがにセンスが光ります。また2時間以上という長さもさほど気にならず、飽きさせないのはさすがスコセッシ監督です。

両主人公がちょっと若すぎたかなって感じますが、脇固めの豪華俳優陣を見るだけでも損はしない作品だと感じますね。

ジャック・ニコルソンとレイ・ウィンストンの小汚いコンビが、スパイス効果で見どころ!
ラストの攻防は意外でしたが、ディパーテッドは大多数の観客を納得させるハリウッド的映画です。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


» 続きを読む

Copyright © 嗚呼!懐かしのゴールデン映画劇場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます