guru.jpg原題:DESPICABLE ME
製作国:アメリカ
製作年:2010年
公開情報:劇場公開(東宝東和)
初公開年月:2010/10/29
上映時間:95分
ジャンル:ファミリー/コメディ
おすすめ度:★★★★☆(私的感覚)

《解説・コメント》
世紀の大泥棒を目指す男が、ある悪だくみから孤児の三姉妹を利用しようとするものの、思いがけず愛情が芽生えてしまうさまをユーモラスに綴るハートウォーミング・アドベンチャー・コメディ。

監督は、共にこれが長編デビューのクリス・ルノーとピエール・コフィン。

今年は、「ミニオンズ」が作品化され多くの子供、女性の人気を独り占めしたように感じますが、元はこの作品がベースになっているようです。

ストーリーは観点明瞭でお子様でも十分楽しめるばかりでなく、大人だって子供時代を思い出して楽しめるのでは。

とにかく、ミニオンズが可愛い!  動きがわかった方が良いと感じましたので、動画入れておきます。面白い動きとその圧倒的な数で驚き!!

動きだけではなく、ミニオン語というのですか>? 訳のわからない言葉をしゃべってますが、それなりに理解できると思います。

 最近では街をぶらつくと、このキャラクターをぶら下げている人をよく見かけるようになりましたが、やはり可愛い。

日本語吹き替えバージョンでは、笑福亭鶴瓶さんが大阪弁でおもしろかしくしゃべっています。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


《あらすじ》
大泥棒グルーの生きがいは、世界をあっと驚かせる物を盗むこと。

そのために、バナナから作られた怪盗軍団“ミニオン”を従え、涙ぐましい努力を続けていた。

そんなある日、ピラミッドが盗まれ大ニュースに。

悔しがるグルーは、負けてなるものかと、月を盗むことを決意する。

ところが、宿敵ベクターの横やりで作戦失敗の危機に。

そこで、ベクターを陥れるため、養護施設で暮らす三姉妹、マーゴ、イディアス、アグネスを利用することを思いつく。

こうして三人を養女に迎え入れたグルーだったが…<allcinema>


《キャスト》
声の出演:
スティーヴ・カレル/グルー
ジェイソン・シーゲル/ベクター
ラッセル・ブランド/ネファリオ博士
ジュリー・アンドリュース/グルーのママ
ウィル・アーネット/パーキンス氏
クリステン・ウィグ/ミス・ハッティー
ミランダ・コスグローヴ/マーゴ
デイナ・ゲイアー/イディス
エルシー・フィッシャー/アグネス
ダニー・マクブライド/フレッド

《スタッフ》
監督:クリス・ルノー
製作:クリス・メレダンドリ
製作総指揮:ニーナ・ローワン
原案:セルジオ・パブロス
脚本:シンコ・ポール
音楽:ファレル・ウィリアムス
音楽プロデューサー:ハンス・ジマー
音楽監修:キャシー・ネルソン

みんなの平均点:6.27 / 10点
怪盗グルーの月泥棒、怪盗グルーのミニオン危機一発は、今なら期間限定にて無料でご覧になれます! 
⇒詳しくはHuluで今すぐチェック!
 
〈注〉Hulu配信スケジュールの関係により既に配信を終了している場合は、何卒ご容赦ください。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ