ingloriuos.jpg原題:INGLOURIOUS BASTERDS
製作国:アメリカ
製作年:2009年
公開情報:劇場公開(東宝東和)
初公開年月:2009/11/20
上映時間:152分
ジャンル:アクション/戦争
映倫:R15+
おすすめ度:★★★★☆

《解説・コメント》
「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が復讐劇をテーマに描く痛快アクション・エンタテインメント大作。

主演はブラッド・ピット、共演にメラニー・ロラン、ダイアン・クルーガー。また、敵役のランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツは、この演技でみごとカンヌ映画祭最優秀男優賞を受賞。

第二次大戦下のフランスを舞台に、ナチスに家族を殺されたユダヤ人女性と、情け容赦ないナチ狩りで恐れられるユダヤ系アメリカ人部隊“バスターズ”が繰り広げる壮絶かつ壮大な復讐の行方を、タランティーノタッチならでは演出でスリリングに描いています。

珍しく題材がナチスなんてタランティーノの作品の中でも興味深い作品のひとつですが、恐怖があったりちょっとおちゃらけがあたりでよくまとまっていましたね。

私はタランティーノ作品は、あまり好みませんがこの作品だけは、別格です。またブラッドピットの喜劇っぽい喋くりも印象的でした。

ただ、「ユダやハンター」と名乗るもハンス・ランダ大佐演じるクリストフ・ヴァルツはよかったですね。そしてダイアン・クルーガーの出演も見逃せません。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


《あらすじ》
1944年、ナチス占領下のフランス。

かつて、“ユダヤ・ハンター”の異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナは、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身をやつしながら復讐の機会を窺っていた。

同じ頃、アルド・レイン中尉率いるユダヤ系アメリカ人を中心とした連合軍の極秘部隊“イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)”がナチスを次々と虐殺、血祭りに上げた相手の仕上げに頭皮を剥ぎ取るといった残虐な手口でドイツ軍を震え上がらせていた。

そんな中、ショシャナの映画館でナチスのプロパガンダ映画「国民の誇り」のプレミア上映が決まり、
ヒトラーはじめナチス高官が一堂に集結することに。

この千載一遇のチャンスを逃すまいと、ショシャナ、バスターズそれぞれが行動を開始するが…。

《キャスト》
出演:
ブラッド・ピット/アルド・レイン中尉
メラニー・ロラン/ショシャナ・ドレフュス
クリストフ・ヴァルツ/ハンス・ランダ大佐 
ミヒャエル・ファスベンダー/アーチー・ヒコックス
イーライ・ロス/ドニー・ドノウィッツ
ダイアン・クルーガー/ブリジット・フォン・ハマーシュマルク
ダニエル・ブリュール/フレデリック・ツォラー
ティル・シュヴァイガー/ヒューゴ・スティーグリッツ
B・J・ノヴァク/スミッソン・ウティヴィッチ
サム・レヴァイン/ヒルシュベルク上等兵
ポール・ラスト/アンディ・ケイガン
ギデオン・ブルクハルト/ヴィルヘルム・ヴィッキ
オマー・ドゥーム/オマー・ウルマー
マイケル・バコール/マイケル・ジマーマン上等兵

《スタッフ》
監督:クエンティン・タランティーノ 
製作:ローレンス・ベンダー 
製作総指揮:エリカ・スタインバーグ
脚本:クエンティン・タランティーノ 
撮影:ロバート・リチャードソン 
編集:サリー・メンケ
ナレーション:サミュエル・L・ジャクソン  

悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)。ということで! 
みんなの平均点:7.09 / 10点 


イングロリアス・バスターズ」は、今なら期間限定にて無料でご覧になれます! 
⇒詳しくはHuluで今すぐチェック! 
〈注〉Hulu配信スケジュールの関係により既に配信を終了している場合は、何卒ご容赦ください。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ