ダニエラという女03.jpg原題:COMBIEN TU M'AIMES?
製作国:フランス
製作国:2005年
公開情報:劇場公開(H=C)
初公開年月:2006/12/09
上映時間:95分
ジャンル:ロマンス/コメディ
映倫:R-18
おすすめ度:★★★☆☆

《解説・コメント》
「マレーナ」「アレックス」のモニカ・ベルッチが男を惑わす妖艶な娼婦を演じる大人のラブ・ストーリー。

共演は「オーギュスタン 恋々風塵」のベルナール・カンパンと「シラノ・ド・ベルジュラック」のジェラール・ドパルデュー。

監督は「美しすぎて」のベルトラン・ブリエ

モニカ・ベルッチさんの美しさは、ただものではないのがよく理解できる作品です。「マレーナ」での清楚な感じとは変わって、ここはかなり妖艶さが満ちています。

実際のところ、この作品が作られた理由といえば、どう見てもベルッチさんの美貌をどう活かすのが、最重要課題のように思えます。彼女の外見に惚れ込んでいると思われる監督の意図というのは、本心でしょう。

分かるような気がします。

「ダニエラという女」
今なら期間限定にて無料でご覧になれます! 
⇒詳しくはHuluで今すぐチェック!

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

《キャスト》
出演:
モニカ・ベルッチ/ダニエラ
ベルナール・カンパン/フランソワ
ジェラール・ドパルデュー/シャルリー
ジャン=ピエール・ダルッサン/アンドレ

《スタッフ》
監督:ベルトラン・ブリエ
製作:オリヴィエ・デルボス
製作総指揮:クリスティーヌ・ドゥ・ジェケル
脚本:ベルトラン・ブリエ
撮影:フランソワ・カトンネ

《あらすじ》
ごく平凡な男フランソワはある日、宝くじで大当たりする。そこで彼は、飾り窓の中にいる美しい娼婦ダニエラに“金が続く限り僕と一緒に暮らして欲しい”と申し出る。

交渉は成立し、フランソワにとっては夢のような生活が始まる。しかし、ダニエラとの暮らしは心臓の悪いフランソワにとってはあまりに刺激が強すぎる。

フランソワの主治医アンドレは彼のことが気が気でない。そんなある日、ダニエラは突然彼のもとから姿を消してしまうのだが…。<allcinema>

「ダニエラという女」
今なら期間限定にて無料でご覧になれます! 
⇒詳しくはHuluで今すぐチェック!

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

 カテゴリ