rennai .jpg 恋愛適齢期 
原題:SOMETHING'S GOTTA GIVE
製作国:アメリカ
製作年:2003年
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2004/03/27
上映時間:128分
ジャンル:コメディ/ロマンス
おすすめ度:★★★★☆
《解説・感想》
共にアカデミー賞受賞経験を持つ名優ジャック・ニコルソンとダイアン・キートンの豪華共演による中年男女のラブ・コメディ。

30歳以下の女性にしか興味のない初老の独身プレイボーイと劇作家の中年独身女性。
 
ひょんなことから恋に落ちた2人を軸に、青年医師も加えた大人の恋愛模様がユーモアとペーソスを織り交ぜ展開する。監督は「ハート・オブ・ウーマン」のナンシー・マイヤーズ。

大人の恋愛模様といましたが、恋に落ちたこの二人の有り様は、まるで初めて恋した少年少女のようにも見えました。
 
二人のあどけない仕草や、かわいらしさがとても私のような中年には、思いもよらないことばかりです。

ただ言えることは、恋とはかくも素晴らしいことをこの映画は伝えています。

「歳など関係ない」って感じてしまうのはきっとこの映画の魔術でしょう。

ニコルソンが何とも言えない味を出しているのと、キートンのかわいさを再認識しました。
 
是非、ご覧下さい。勇気が沸いてきます! 
 
応援宜しくお願いします 
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  
 
 
《あらすじ》
長編映画ハリーは音楽業界で権威を振るう63歳の独身富豪。彼の恋人は決まって30歳以下の美女ばかり。

そんなハリーが週末を過ごすため、恋人マリンと彼女の母親の別荘へ。

そうとは知らずに妹ゾーイと別荘に訪れた母親エリカは、あられもない姿で現れた娘の恋人に絶句!

気まずい雰囲気の夕食の後、心臓発作に倒れたハリーは病院に運ばれ、エリカの別荘で療養生活を送ることになり…。

ここからが、見どころです。

《キャスト》
出演:
ジャック・ニコルソン/ハリー・サンボーン
ダイアン・キートン/エリカ・バリー
キアヌ・リーヴス/ジュリアン・マーサー
フランシス・マクドーマンド/ゾーイ
アマンダ・ピート/マリン
ジョン・ファヴロー/レオ
ポール・マイケル・グレイザー/デイビッド・クライン
レイチェル・ティコティン/マルチネス医師

《スタッフ》
監督:ナンシー・マイヤーズ 
製作:ナンシー・マイヤーズ  
脚本:ナンシー・マイヤーズ 
撮影:ミヒャエル・バルハウス 
編集:ジョー・ハッシング 
音楽:ハンス・ジマー
 
応援宜しくお願いします 
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ