walker.jpg原題:THE BOOK OF ELI
製作国:アメリカ
製作年:2010年
公開情報:劇場公開(角川映画=松竹)
初公開年月:2010/06/19
上映時間:118分
ジャンル:SF/アクション/サスペンス
おすすめ度:★★★★☆

《解説・コメント》
「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。

文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に一冊だけとなったある本を襲撃者から守り、

西へと運ぶ謎めいた男の姿を、ハードなバイオレンスとスタイリッシュな映像で描き出すSFサスペンス・アクション。

主演は、デンゼル・ワシントン。共演にゲイリー・オールドマンとミラ・クニス。

「イーライの本」という原題。何のこっちゃ? と思いながら鑑賞しましたが、なるほど!

というのは、この作品はとても宗教色が強いのです。

途中で現れる悪役カーネギーが、何故そこまで「あの本」を欲しがるかするかが、我々日本人にはちょっと理解するのに努力が必要ですね。

そんな作品ですが、納得することもありました。この点には及第点をあげたいですね。

劇中でイーライが言うのですが、「昔は必要なものは飽和状態だった人類が、今ではレストランに置いてあるナプキンを奪い合う」って!

文明が崩壊した後、人類は何もかも奪い取られ、本当に必要なものを全て無くしてしまうんですが、これは現実の私たちへの警鐘かと考えます。

後。これを見られた方はきっと、マッドマックスを思い出すでしょう。ただ、映像美はこちらの方が優れていると感じます。

私の場合は好きなデンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンが出演と言うことが切っ掛けでしょうね。

何よりデンゼル・ワシントンが無敵で、格好いい!

最高でした。是非ご覧ください!

はりきってます!応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 《あらすじ》
イーライという名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に向かって歩き続けていた。ある本を携えて。

その本は、いまや世界にこのただ一冊となっていた。

イーライは、その本に近づこうとする者は容赦なく斬り捨てた。そんな中、とある町に立ち寄ったイーライ。

そこは、カーネギーという男が独裁者として君臨する町。彼は、ある本を探していた。

その本があれば世界を支配できると考えていた。やがて、イーライの本こそが、目的の本だと確信するカーネギーだったが…。<allcinemaより>

《キャスト》
出演:
デンゼル・ワシントン/イーライ(“ウォーカー”)
ゲイリー・オールドマン/カーネギー
ミラ・クニス/ソラーラ
レイ・スティーヴンソン/レッドリッジ
ジェニファー・ビールス/クローディア
フランシス・デ・ラ・トゥーア/マーサ
マイケル・ガンボン/ジョージ

《スタッフ》
監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ
製作:ジョエル・シルヴァー、デンゼル・ワシントン
製作総指揮:スティーヴ・リチャーズ
脚本:ゲイリー・ウィッタ
撮影:ドン・バージェス
音楽:アッティカス・ロス

 運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。ということで!
巷の平均点:5.79 / 10点でした。

ザ・ウォーカー」は、今なら期間限定にて無料でご覧になれます! 
⇒詳しくはHuluで今すぐチェック! 
〈注〉Hulu配信スケジュールの関係により既に配信を終了している場合は、何卒ご容赦ください。

はりきってます!応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村